スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

SMBGは2型糖尿病患者の寿命を延ばす。

私がSMBG(self-monitoring of blood glucose)を始めたのは、両親が重度の糖尿病患者という友人の勧めからでした。

20120101_1.jpg
可愛いポーチに入れてます。
毎回のことなんで、見るたびにほっこりできる入れ物もだいじです^^



20120101_2.jpg
パッチンする器具は先代のアセンブリオのを今も使ってます。
針を入れてる容器は100円ショップの石鹸入れ。
お出かけするときも、糖質を摂るはめになるときはこれをもって行きます。
食後不安なままだと余計に血糖値が上がるし。


=============================================================
本日のデータはこちらを参考にさせていただいてます。


【2005年9月、アテネで開かれたヨーロッパ糖尿病学会で発表されたROSSO Studyの結論】

定期的に血糖の自己測定を行っている2型糖尿病患者(インスリン治療無し)の合併症発症と死亡は、SMBGなしの患者と比較し、著しく低い

SMBGの効果

この研究の新しいところは、HbA1cではなくて合併症の発祥と死亡にSMBGがどう影響するかを調べている点です。



この研究はSMBGをすると患者の意識が高まって結果的にこんなに血糖値の管理が良くなるよって言う研究発表ですね。


これ、自分で食後の血糖値を測っている人なら理屈抜きで(わかるわかる!)だと思います。
だって、糖質を我慢すれば血糖値は上がらないし、ご飯やパンを食べれば確実に数字が跳ね上がるし。おのずと何をどのくらい食べればいいかの答えがわかるんですもの。




努力の結果や誘惑に負けた結果が毎日リアルタイムに数字で示されていると、ごはんやお菓子や麺類を我慢して運動を続けるモチベーションを維持できるってことですね。
月に一回だけ病院でHbA1cを示されても、それがいつのどの食事が悪かったか、わからないじゃないですか。
おまけに「運動が足りない」って言われたって、どの運動がどれくらい血糖値を下げてくれるかもわからないわけで。




私はおにぎり一個で血糖値が200超えするのをSMBGで見せ付けられないと、ついつい(これくらいいいかな)って自分に甘くなるんですよ。
だって、高血糖になっても、よっぽど進行しない限り痛くもかゆくもないし。



食後高血糖を繰り返して血管にダメージを積み重ねるまえにこそ、SMBGをすることがだいじかと思います。ある程度の期間、食事の内容と血糖値の関係を把握すれば、毎食後にSMBGしなくても済みますし。
消耗品の計測チップの分、お金はかかりますけど、お金を払うだけの健康を手に入れられるので、私はSMBGを始めてよかったなあと思っています。


自分で器具を買って血糖値を測る前は、高血糖特有の症状が何年も続いていましたもの、私。
その話はまた後日。

=======================================


にほんブログ村 病気ブログ 2型糖尿病へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメント

謹賀新年!
今年もよろしくお願いします!!

商売柄、繁忙期の年末はあまり計測も出来なかったのですが、購入した事によって意識レベルはかなり上昇し、師匠の言われる『モチベーション維持』にかなり貢献していて、正月には欠かせない大好物の『お餅』も苦も無く我慢できます。
年明け落ち着いたら、あれこれ試そうと思ってます。

追:ブログランキング一位獲得おめでとうございます!
ポチッとな。(^^v
  • 2012-01-02 13:38
  • URL
  • Oうち #-
  • Edit

Oうちさん

一番の忙しいときですもん、仕方ないですよ。
私も忙しいときは無理ですもん。
私も大好物のお餅と栗きんとんを我慢しましたよ。
どうにかして低糖質な栗きんとん、作りたいです。
ぽち、ありがとうございました(*´∀`*)
  • 2012-01-02 15:50
  • URL
  • まるみ #-
  • Edit

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

**千客万来**

検索フォーム

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。