スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

気を引き締めて取り組む

【夜ごはん】
20150208_1.jpg
なんとかマグロ(忘れた)、シラス、納豆、野菜スープ、鯖の塩焼き。
と、覗いてる猫。
お刺身苦手を克服するべく買ったけど、美味しさわかんなかったなぁ。
黒いさんと白いさんがホクホクしながら片付けてくれました。




その昔、浅田真央ちゃんがCMに出ていた体スキャンを買い、使い、やっと体を鍛える気になり申した。
だって、糖質制限とウォーキングで落としたのが歩くのをやめたらイソイソと出戻ってきてるんだもの。
あと、もうストレス溜まったのを理由にコンビニスイーツは買わない。
(買ってたんかいというツッコミは無しで)
友達に付き合ってパン一口二口とか食べない。
(食べてたんかいという・・・以下略)
近所の買い物に車を使わない。もー。気ぃ緩みすぎだったわ私。



やらねばならぬ母の付き添いとか家事の手伝いとかがあると、気持ちが焦って(なんかわかんないけど気ぜわしい)気分になってやたら車を使ってたけど、歩かなくなるとてきめん足が弱るし太るし。




-------------------------------------




20150208_2.jpg
抜糸前の白いさん。
お膝の抱っこで寝てくれるのはごく珍しいです。
いつもは抱っこではなく、もっと上に登り、私の喉に背中をくっつけて寝るのですが、それ、体重が700gのときは良かったんだけど、体重が2700gの今は支える私の左手がプルプルしちゃって無理なのがねぇ・・・。
なんとかしたい。
なんとかして白いさんを喉にくっつけてゴロゴロ言わせながら眠らせたい(←馬鹿)





20150208_3.jpg
今日は雨だったので温泉に行かず、借家の小さいお風呂にのんびり入りました。
1時間後に出てきたら、こんな感じに。
私がいないときにはくっついてももめないんです。




白いさんの避妊手術の抜糸をしてもらい、やっと一仕事終わった感じです。
一切大声を出さなくなり、ムシャムシャと食べるようになりました。
たしかに気をつけないと太りそう。




黒いさんの乳腺腫瘍が恐ろしい勢いで大きくなっているので、ダメもとで食べ物の上にタモギ茸の粉末を振りかけたりしています。ほんとかどうか、がんに効くという噂だし。
どこのお医者さんも最初は抗がん剤や放射線や免疫療法の話をするんだけど、14歳半と聞くと「あー・・・」と言葉を飲み込みます。
そうよね。寿命なのよね。それはもう仕方ない。仕方ないのさ。
元気な今、せっせと黒いさんの好物の肉や魚を食べさせようと思います。
どうか母と黒いさんが同時に具合悪くなりませんように。同時だったら黒いさんを置いて母のところに行かねばならぬわけで。
今の願いはただそれだけです。






スポンサーサイト

コメント

黒いさんの腫瘍、自壊しないといいですね・・。
老犬になると寿命とQOLの兼ね合いが難しいなあと思います。
私が初めて飼った黒犬は18歳まで生きましたけど、17歳の時に胸に腫瘍ができましてね。その頃は無知だし外飼いだし・・で、腫瘍が自壊してウジが沸いてから初めて気付いたという今じゃありえない話なんですけど、「こんな状態で死なせられない。」って思った私は、姉と二人で丸一日かけてウジを割り箸で全部つまみ出すということをやりました。その前に早く獣医に行けよって話ですが・・。結局17歳で手術をやりましてそれから1年間元気に生きてくれました。手術跡からは若い時のようなすごく柔らかくて艶々した毛が生えてきて、この子の生きる力ってなんてすごいんだろうって思ったのを覚えています。今考えれば、17歳で手術なんて無知だったからこそできたことだよな・・って思いますが、最後まで苦しむことなく穏やかに過ごしてほしいっていうのが一番の願いですねえ・・。
犬は状況を読むのが得意だから、きっとお母様と重ならないようにしてくれるような気がします。舞茸とかきのこ類って癌にいいってよく聞きますから、うちの黒犬にも野菜ペーストと一緒にきのこを必ず1種類一緒にペーストしています。黒いさんにも効くといいですね。
  • 2015-02-08 19:57
  • URL
  • さざえ #-
  • Edit

まるみさん、こんばんは

気が緩み出すと一気に色々緩んでいきますよね。で、頑張ってる時は全てにおいて頑張れるというか(^^;;
私は以前取り組んだ、ダイエット?方法は2回目は飽きてるせいか続きません(^^;;
まるみさんのブログを見てる限り(全ては読んでないですが…^^;;)ヨガがまだ取り込まれてないような気がしますが、いかがでしょうか?
取り組んでたらすみません

私は大分身体が慣れてしまったので、効果がイマイチわかりずらいのですが、きつめのヨガ受けると痩せる効果が出ます。人それぞれなのでなんとも言えませんが、もし取り入れてなければ試してみて下さい(o^^o)
気持ちもスッキリしたり、私は人に優しくなれます(笑)精神面が変わります。

黒いさん元気に過ごせるといいですね。
少しでも長くまるみさんの側にいられますように(*^^*)

  • 2015-02-08 20:33
  • URL
  • まろっぺにゃん #-
  • Edit

まるみさん、こんばんは

そうですか、お刺身苦手でしたか。
私も20台後半まではあまり好んでは食べてなかったのですが
友人に連れられて行った、毎朝漁港から直接仕入れしてるという
海鮮料理店に行って以来(全てではないですが)好きになりました。
同じ魚でも本当においしいものを食べた時に感じたものを、そうでもない
ものの中にも感じて、以前だと「全体的においしくない」から「そこそこ」と思えるようになった気がします。

話は変わりまして人体実験のご報告です。
ヌードルメーカー・・買うかどうか迷ってまして・・・
そうか、あの粉が前提なんだ。ということで単体で買ってみました。
鳥越製粉の(低糖質)うどんミックス粉。
(手切りならうどんが良いかと)
途中経過と食レポはいろいろありますが割愛します。
肝心な血糖値変動です。
食前82 一時間値167 中止!
運動して下げました。(とは言っても筋トレしてウォーキングして
二時間半値は152でした)
表示は一食分で糖質12.2g 食物繊維33.1gでした。
ほとんど詐欺に近い犯罪行為だと思います。

と、落ち着いて・・・w
空腹時血糖値が低いですよね。実はこれ
http://www.sapoo.com/cinnamon-biotin-chromium-60tab-10546
を飲んで一ヶ月ほどです。以前は空腹時は100前後だったのが下がってます。
今日、そういえばローソンのブランパン、新しくなって計ってなかった
な~と思って測定しました。
ブランパン(糖質4.4g)と同じくローソン袋入りタマゴサンドの具(炭水化物3.5g)その他スープと炒め物。
結果は 食前80 一時間値94でした。
あのローソンブランが計算値を下回るとはw
このサプリ、効いてるかもです。
しかし、この効果をブッチぎる鳥越製粉・・・いやはや。
  • 2015-02-09 00:07
  • URL
  • ゴン #-
  • Edit

可愛い黒ちゃん白ちゃん見てると、ずっとこの日々が続けばいいのにって思いますよね…


うちのお婆ちゃん猫、手術後半年で腫瘍再発してしまいました。
ここ最近急に衰えてしまって、歩くのはゆっくり、ドライフードは食べなくなってしまいました。少しでも効くといいなとDフラクションとセンダンを与えています。


うちの子も、まるみサンの黒ちゃんも長生きしてほしい(*^-^)
  • 2015-02-09 02:07
  • URL
  • ひよこ #obWbQ39E
  • Edit

いいこ

黒いさん、そんなに悪かったんですね…
黒いさんっていじらしくって、ブログに出てくるたびに目頭が熱くなってます。
よくエア黒いさんを抱いて「いいこねぇ」って言ったりしてますw
まるみさんたいへんですね、両方とも納得できるかたちで看取れる事、長生き出来る事、祈っています。

前回の猫爪の事ですが、嚙んでスポッて書いたのはどなたか他の方です。

それと母の事ですが、姉が電話で助けを求めてきた時に、私は無視したんです。
私は親の事が許せないんですよね。
姉は母と仲がよかったので、「勝手にすれば」って思ってて。
まるみさんがお母さんに言われたようなことを言い合ったみたいです。
私が早めに動けば良かったんですけど…

そうそう、マグロですが漬け(ヅケ)ってどうですか?私大好きなんですよねw
  • 2015-02-09 13:03
  • URL
  • 八月 #-
  • Edit

まるみさん、こんにちは♪

黒いさんと白いさんのツーショット素敵ですね。手術も無事すんでなによりです。
私の糖質制限もすぐゆるみます・・・。そもそも私は糖尿病と診断されたわけではなくて。命懸けで取り組んでいらっしゃる皆様にゆるいコメントは申し訳ないのですが。きっかけは今までにない肌トラブルでした。母の介護が5年目になるのですが、体力使うのでとにかくお腹が空くんです。で、「食べなきゃやってられないわい!」と、炭水化物を好きなだけ食べていました。丼もの、チャーハン、てんこ盛りの焼きそば、手作りクレープにあんこと生クリーム、ジャムたっぷり・・・。
そうしたら首回りや背中が痛痒くなり、一時はシャワーも痛い状態に。更年期で敏感肌になっちゃったのかな、アレルギーかなと病院に行こうと思いましたが、同時になんとなくひらめいたのが「糖質」でした。
今、だいぶ良くなりましたが、ちょっとゆるめると痒くなります。
「今日は何チャーハンにしよう?」と、嬉々として中華鍋を振っていた日々、とっても幸せでした。でも「美味しく食べて幸せ」が「継続する幸せ」とは限らないなんて、人生って奥深いなあと思いまする・・・。
  • 2015-02-09 13:21
  • URL
  • カシューナッツ #jmDfZ4y2
  • Edit

◎さざえさんへ

お世話になってる病院では「肺に転移して癌性肺炎による呼吸困難が一番つらい」と仰ってたので、そこはあまり苦しみを与えないような方向でお願いしますと伝えて帰ってきました。
今は痛みも無いようで、食欲も旺盛だから美味しいものを食べさせてとにかく一緒にすごしたいです。
大型犬の14歳半ていうのは人間で言うと80後半とか90とかいう年齢なのと、痙攣発作を起こした犬には麻酔が危なくて使えないそうで。手術は無理なんです。黒いさんは大きな手術を2回しているので、それがなくても手術はもうしないほうがいいかなって。
映画「私のなかのあなた」っていう映画、ご存知ですか?
最近レンタルで見たんですが、重病の我が子を死なせないためにドナーになるための次女を産み、本人が「もう楽になりたい」と言ってもとことん治療しようとする母親と苦しむ本人のために立ち上がるお兄ちゃんや妹の話で。
「いよいよとなったらお母さんは私を手術してとことん切り刻むし、電気ショックを与えるだろう。植物状態になっても死なせてもらえない」と妹に語るところで私号泣してしまいました。
いつまでも黒いさんにはそばにいて欲しいけれど、私の煩悩のために土に返ろうとしている黒いさんを長く苦しめることだけはするまいと思っているところです。
あー、これ書いてるだけで泣けるけど、でもそうするつもりです。
タモギ茸、少しでも効果があるといいんですけどねー。
  • 2015-02-09 16:46
  • URL
  • まるみ #-
  • Edit

◎まろっぺにゃんさんへ

そうそう、タガを緩めると「このくらいいいかな」「少しだからいいかな」「今日は雨だからやめとくかな」ってどんどん自分を甘やかしてしまってダメですね。
糖質制限を批判する意見で「一生続けるつもりか」っていうのがあるけど、運動も節制も何を選んでも一生なんですよね。好きなものを満腹するまで食べて運動しなくて健康でいられる人なんて、いないし。
んで、ヨガ。
近所にスタジオがあるんだけど、私、恐ろしく体が硬いんです。でもいずれやってみたいなあ。
今は諸事情で時間の決まってるレッスンに行けそうにないんですが、いつか時間に余裕ができたら通ってみたいです。
命には限りがあることを承知の上で寿命の短い犬猫を家族にした以上、仕方のないことなので、逆に黒いさんを看病できることをありがたいと思うようにしています。やさしい言葉をありがとうございます。
  • 2015-02-09 16:51
  • URL
  • まるみ #-
  • Edit

◎ゴンさんへ

そうなんですよね。本当に美味しいお刺身なら結構食べられるんです。
大学のときに海の幸が美味しいとこで、ホヤでさえ美味しいと思いましたもん。
このお刺身もまずくはなかったんだけど、なんだか(努力して食べてる)感じになってしまって。贅沢なことを言っては罰が当たると思うので外で出された場合は食べようかなと思ってるとこです。
ミックス粉はなにがどれだけ配合されてるのかがわからないし、まだ食べてない私があれこれは言えないんですけど、2時間半で152は結構な数字ですね。
「便利」「手軽」っていうことと裏表に「思うようにならない」ことが多いですねえ・・・。
一人暮らしを始めて、疲れてるときはあれこれ買って済ませたい場合が多いんですが、やはり便利と引き換えに何かを差し出さねばならぬ感じです。
サプリ、ゴンさんには効果があったんですね。そのうち私も試してみようかなぁ。

  • 2015-02-09 17:02
  • URL
  • まるみ #-
  • Edit

◎ひよこさんへ

昔ね、黒ラブを飼ってる方が「白髪になったらいっそう可愛いの」って言われたときに、黒いさんはまだ若かったから(えーそうかなあ)って思ったんです。
今はわかります。
白髪になって足元がおぼつかなくて、目も耳も衰えた黒いさんが、だからこそいっそう可愛くていとしいんです。ひよこさんちの猫ちゃんも、手術を乗り越えてがんばってるんですねぇ。
Dフラクションとセンダン、ですか。調べてみますね。教えてくださってありがとうございます。
ほんとにお互いに長生きしてもらいたいですねぇ。
  • 2015-02-09 17:09
  • URL
  • まるみ #-
  • Edit

◎八月さんへ

黒いさんは年をとるにつれて段々と人間くさい反応をするようになって、なんだか本当にわが子のようです。黒いさんと出会えたことだけでもこの人生に意味があったなあって思うほどです。
やさしいことばをありがとうございます。
八月さんとお母さんとお姉さんのこと、まるっきり私とそっくりです。
どういう気持ちで八月さんがここまでこられたのか、すごくわかる気がします。
もう私は母の心のありかたに関しては諦めてしまいました。そうしないと自分が苦しいから。
諦めた上で、求められたら手を貸そうと思ったんです。そう決めたら苦しみがふたつ消えた気がします。親に受け入れてもらえない苦しみと、親を人として尊敬できない苦しみ。
昔の憎しみを(それはそれ。これはこれ)ってやっとやっとやっと思えたのは55歳っていう年齢かもしれないです。
ヅケ、やってみようかなー。でもそれ、めっさ白いごはんた食べたくならない???(弱)
  • 2015-02-09 17:18
  • URL
  • まるみ #-
  • Edit

◎カシューナッツさんへ

ほんとにねえ。自分を甘やかすのは簡単で、しかも次第次第に甘やかす程度が上がってしまうところが怖いところです。
それにしても、カシューナッツさんは介護生活5年目ですか。
それがどれだけ大変なことか。
私、お姑さんを3年介護したとき、まだヘルパーさんとかいない時代だったから2時間以上は怖くて家を空けられず、2歳の長男を抱えて最後のほうはノイローゼだったような気がします。長男にはほんとうに可哀想なことをしました。もう一度あのときに戻れたらと何度も何度も思います。
カシューナッツさんは糖質たんまりで皮膚にトラブルが出るんですね。
皮膚は内臓を表す鏡って言いますもんね。
今日、買い物にでかけて、甘いものを買わないようにするのに少し努力がいりました。甘いものをまったく食べなくて平気だった糖質制限初期の心の強さを取り戻したいわー。
  • 2015-02-09 17:27
  • URL
  • まるみ #-
  • Edit

コメントのリベンジをば…

まるみさん、初めまして。
今回は日本語であることを信じています。
前回の文字化けでは相当なダメージを食らいました、akaiと申します。

あれほど長々と記していたことの核は、「白いさんと同じくらいの猫がいます」という内容でした。
うちにも拾い物の猫がおりまして、今日まさに去勢(オスです)を終えたのです。
前泊だったため昨日預け、「驚くべき速度で終わりました」との連絡を先ほど得ました。
実家には、母と同い年ほどになったキャバリアもおります。

さて、私は1月1日より糖質制限を始め、まるみさんのブログを隅から隅まで拝見致しました。
疾患による治療目的ではありませんが、体の変化を日々感じております。
低糖質なお料理たちをいつも参考にさせて頂いています。陳謝。
また、私には同居人がおりますが、彼女もダイエット目的で開始し、順調です。
料理の才能が感じられないため、私が三食用意する毎日ですが、お料理や栄養学はとても楽しいものですね。
これからも女2人に猫2匹が健康でいられるよう精進する所存です。

ブログを始めるかどうか、今非常に悩んでいるところです。
先のことは分かりませんが、たびたびコメントさせて頂きたく思いますので、どうぞ宜しくお願い致します。
神奈川から、いつかまるみさんとお茶できたらと願う若輩より。
  • 2015-02-09 19:48
  • URL
  • akai #jFyiaJLY
  • Edit

◎akaiさんへ

うわー、akaiさーん!
もう絶対書いてくれないと思ってましたよー!
前回、長文だったのに文字化けしてて(こりゃショックだろうなぁ)と思って、なんだか申し訳なかったです。
今回はばっちりですね。良かったーi-80
手術、無事に終わってよかったですねぇ。ほぼ同時期ですね。これからが新たな猫ライフのスタートですね。
糖質制限すると、「ご飯食べた後って眠くなるよね」がなくなりますね。私は健康ももちろんですが、食後の眠気から解放されたのがほんとに嬉しいです。あの眠気はあまりタチのいいものではなかったので。
ブログは楽しいけど、だんだん私生活を公開することに感覚が麻痺してくるのが怖いところですが、自分の心を整理するにはいい道具だと思いますよー。
なんちゃって偉そうにごめんなさいよぉ。
  • 2015-02-09 20:00
  • URL
  • まるみ #-
  • Edit

なんかすみません。手術を勧めたわけじゃないんですよぅ・・。
黒いさんのことを何にも知らない私が、まるみさんに言えることなんて何にもないです・・。
あの時は17歳で手術なんて無謀なことをしてしまって、でも運よく死なずに生きて帰ってきてくれたっていう昔話で・・。ウジがわくまで気づいてあげれなかった後悔というか・・。そんなので手術してしまったんだと思います。
いろいろ事情がある中での、まるみさんが最善だと思われる決断をされていると思っているので、なんかほんとにごめんなさい。
映画「私のなかのあなた」は見たことないですが、つらい症状だけはできるだけとりのぞいてあげて、あとは自然に・・っていうのが願いですね。
でも、心穏やかにはいられないだろうなあ・・。
  • 2015-02-09 22:40
  • URL
  • さざえ #-
  • Edit

◎さざえさんへ

違うの違うの。私が「手術をすすめられても困る」と書いてるように見えないように何回か書き直したんだけど、ごめんなさい、そう読めちゃいますよね。でも違うんです。さざえさんがそんなこと言ってないのはわかってますから。私の言葉が足りなくて。
私、黒いさんがいなかったら多分心の平静を失うような生活を長くしていて、あのときに乗り越えられたのは黒いさんのおかげで。あまりに愛着がありすぎて黒いさんに「ベストを尽くす」っていうきれいごとを言いながら自然に閉じようとしてる黒いさんの命を引き止めそうな自分がいるんです。
さざえさんが愛犬のために手術にふみ切ったのは愛から出ていることなのも十分わかってますから。小型中型の犬だと20歳くらいまで生きる子もいますもん、そんなに自分を批判しないでください。
「私の中のあなた」はたまたま最近みたらあさに私の煩悩を描いてるみたいで泣けたんです(^^)
動物との別れで(うん、これで十分やりつくした)って思える人はごくごく少数だと思うわ。みんな後悔しながら自分を責めたりするんじゃないかなぁ。そしてそういう苦しみや悲しみが心に深みを与えてくれるんだと思うことにしています。
どうか、私の言葉足らずを許してね。そういう意味で書いたんじゃないんです。
  • 2015-02-09 22:52
  • URL
  • まるみ #-
  • Edit

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

**千客万来**

検索フォーム

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。