スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

手づかみで食べる殻つき海老

【夕べのおかず】
20150128_1.jpg
息子たちと一緒の食卓だと、骨付きの肉や殻つきの海老は「面倒くさい」「指が汚れる」と敬遠されるのですが、いまは気ままな一人暮らし。誰に遠慮することもなく、指を赤く染めながら殻つきの海老を食べました。殻つきのほうが旨みが逃げずに味が濃いから好きです。



【材料】
海老(今回は赤海老。好きなだけ)、にんにくのみじん切り、オリーブオイル、お好きなおいしい塩。


【作り方】
殻つきの海老を水洗いして、ようじなどで背ワタを取る。
オリーブオイルでみじん切りのにんにくを炒める。
香りが出はじめたら海老を入れてやや強めの中火で火が通るまで炒め塩をふる。



と、書くほどのことではないので海老の好きな方はぜひ殻つきで。
タレは溶かしバターと中華風しょうゆダレの二種類を用意しましたが、圧倒的に溶かしバターが美味しかったです。中華風味のタレは海老の香りを殺してしまうからダメでした。海老って溶かしバターが合うなー。



脚がカリカリになるまで炒めると脚も美味しく食べられるんですが、美味しいからといって脚を食べ過ぎるとおなかの弱い人は消化不良になるかも。私は平気だけども。



キーンと冷やした糖質0日本酒(月桂冠)にスライスしたレモンを浮かべて一緒に飲みました。


のんびり海老の殻をむきながら、
ラジオから流れる「ボーカリスト」を聴きながら、
レモンの香りの日本酒を飲みながら、
クンクン鼻を動かして見上げている犬と猫の可愛い顔を眺めながら。



生きてるって、いいよねぇ。




--------------------------------------------



20150128_2.jpg
白いさんは中の穴を通って二階に上ってくれるようになりましたが、





20150128_3.jpg
二階の窓から出たり入ったりしたいらしいので、このあとで窓を一回り大きくしました。
中に開けた連絡通路の穴は意味がなくなっちゃったけど、まあいいや。





20150128_5.jpg
従順な黒いさんが愛しくて、昨夜寝る前に「長生きしてね。まだまだお母さんのそばにいてね」としんみり話しかけていたら、ちびすけが思わぬところからモゾモゾと顔を出して話を聞いていたので笑ってしまいました。
白いさんは私が黒いさんに話しかけてると急いで間に入って邪魔することが多いのです。
ひとりで何時間も二階で過ごしたりして淡々とマイペースに生きてるように見える子なのに、やきもちを焼くのですかねー。





20150128_6.jpg



今朝9時、ガタガタ震えながら私にしがみついてる白いさんをそっと引き剥がして預けてきて、今日は何も手につかぬまま過ごしました。
もうすぐ夕方の5時。
まだ病院から「避妊手術終わりましたよ」って連絡がないんだけど、こちらから電話してもいいものなのかなぁ。待ってるべきなのかなぁ。
はぁぁぁぁぁぁ・・・。落ち着かないです。


--------------------


午後6時45分。
我慢できずに電話で確認。無事終わって猫座りしてるそう。
よかった。






スポンサーサイト

コメント

無事に終わって良かった

まるみさん、こんばんは^^
昨日は水なしの記事を見つけるのが遅くてアドバイスできずごめんなさい。
でもまさに私がアドバイスしようとしたことを実行されてました(笑)
私も以前ワンルームに住んでいた時、一匹だけ療養食を食べさせるのに
お風呂場を利用してたんです。

手術の時は本当にもう終わるまで何も手につかなくて、1日上の空でした
ねー^^; 事前に麻酔の危険性等説明されるんですが、目が覚めない
かも、突然呼吸停止するかも、嘔吐して、窒息するかも、なんて待ってる
間中それらが思い出されて気が狂いそうでした^^;

迎えに行くと本人はケロリとしたもので、遅い!と言わんばかりににゃー!
にゃー!鳴かれしがみつかれ泣き笑いだったのを覚えています。
エリザベスカラーを嫌がってあっという間に壊してしまい、もののついでと
ばかりにがぶがぶ噛みつかれてもも無事に戻ってきたことの嬉しさに叱れ
なかったですね^^;

お腹のハゲは数か月のこりますが、猫はあまり傷病みしないので掻き壊し
でもしない限り大丈夫でしょう^^

ねこは焼きもち妬きですよ。呼んでもこない、撫でようとすると逃げ出す
クセに他の猫が膝に乗って甘えてようものならすかさず飛んできて、鼻息
も荒く膝の上に上り込んで先住猫を追い立ててしまいます。
頭を撫でようとするとその猫を突き飛ばし、自分の頭を手の下に潜り込ま
せます。まったくかわゆらしいもんです(笑)

白いさんんもこれで大人ですね^^ おっきくなったものです^^

  • 2015-01-28 19:32
  • URL
  • じぜる #-
  • Edit

白いさん、無事手術終わったのですね。よかった・・。
やっぱり心配ですもんねぇ。今日は泊まりなんですかね?
うちの黒犬にとっては随分前の話なので、忘れちゃいました。
でも、一昨年歯石除去をしたときは、やっぱり終わるまで私も落ち着かなかったです。麻酔掛けますしね。
夕方お迎えに行った時、看護師さんが、「朝から一度もうんちもおしっこもしないんですよー。」って心配そうに声を掛けて下さったけど、黒犬の性格を考えるとたぶんそうだろうなって思ってました。
手術が終わると、麻酔が覚めても疲れてるから、お迎えまでにみんな寝てるそうなんですが、うちの黒犬だけは頑として寝なかったそう(笑)
とても神経質な黒犬にとっては、とてつもないストレスだったんだろうなって思いました。夕食は「どうしても食べたそうだったら、1/3くらいなら食べさせていいよ。」って言われたんですが、「食べる?」って聞くと「食べる。」って言うので、調子に乗って1/2ほどあげたら、夜中2回吐いて、翌日は1日中ぐったりでしたねぇ。
これで白いさんも一安心ですね。まるみさんを見上げる黒いさんがまたかわいい。こういう表情をするから犬って愛おしいんですよね。
私も殻つき海老食べたくなりました。最近ココナッツオイルをよく使うのですが、海老はココナッツオイルで炒めるとまずいですかね?
やっぱりオリーブオイのほうがいいのかなあ。ぜひ、溶かしバターで食べてみようと思います。
  • 2015-01-28 19:47
  • URL
  • さざえ #-
  • Edit

まるみさん、こんばんは

手術無事終了して良かったですね。夕べ、遅くにブログ拝見して過去の我が家の猫たちを思い出してみたのですが、まっ〜たく思い出せず、皆さんのコメント読んでもあまり、ピンと来なくて…
3匹も居るのにお役に立てずすみません。
ただ、術後の2匹目、3匹目たちは自宅で待ってた子達から「大丈夫だったか?気分はどう?」みたいな感じで心配されてる様子が可愛かったです。
きっと、くろいさんも心配そうに見守りそう(*^^*)
そして、これであの鳴き声からも解放されますね\(^o^)/

  • 2015-01-28 23:06
  • URL
  • まろっぺにゃん #-
  • Edit

無事でよかった

はぁ~無事にすんで良かったです、お役に立てなくてごめんなさい。
私、猫と一緒に育ったんですが自分では飼った事ないんです。
その頃の猫ってネズミ取りの道具で、避妊手術などしていませんでしたし(田舎だったからか?)。
でも、今回ブログを読んで話ておきたいと思ったことがあります。
昔、よく聞いた話に「新しい猫を飼ったら、先住猫が出ていってしまった」というのがあります。
たしかに、先住猫は新しい子を嫌うことが多いと思います。新しい子は平気な顔をしてるのに・・・
ですから、もし新しい猫を飼ったら、ちょっとだけ白いさんに気を使ってあげて欲しいのです。
こんな時にこんな話でごめんなさい。
  • 2015-01-29 11:51
  • URL
  • 八月 #-
  • Edit

◎じぜるさんへ

ありがとうございます。
実は黒いさんが7才で避妊手術したとき、迎えに行ったら「実は手術中に出血多量になったので大きくおなかを開いて止血した」と言われ、立つことも出来ない黒いさんは1週間も入院したのです。あげくに縫った糸のところに水がたまって膨れ上がり、出された薬で朦朧となるという散々な経験がありました。
黒いさんがかわいそうだっただけでなく、「あなたが手術で失敗したんじゃないの?」って言いたいのを我慢して通常の4倍の料金を払ったのも不愉快な思い出です。
先ほど迎えに行ったら、いつもは嫌がるキャリーバッグに自分からスタスタ入って私を見上げてニャーニャーないていました。
帰宅したらテーブルには飛び乗るし階段は何往復もするしでハラハラしてます。
包帯にはじんわり薄赤い液体がにじんでるのにー。
猫はやきもち焼くんですね。
単体で生きる動物と言うけど、焼餅もやくなんて、かわいい・・・。
  • 2015-01-29 12:18
  • URL
  • まるみ #-
  • Edit

◎八月さんへ

犬猫とのかかわり方、変わりましたよね。
私が子供のころの犬はフィラリア予防をしないのと、粗末な食事のせいで5~6歳で死ぬ犬がどれだけ多かったことか。今はワクチンとフィラリア予防薬とフードのおかげで長生きが普通になりましたものね。
私の家にも45年前ですが去勢しないオス猫がいたんですが、恋の季節に喧嘩して腿の内側の肉をガッツリもって行かれてある日を境にいなくなってしまいました。悲しかったっけ・・・。
新しい子がくるとっていう話、わかります。
黒いさんは慣れ親しんだ千葉の家ではまあまあ嫌がりながらも同居してたのに、こちらの家に引っ越してきたらいきなり子猫の白いさんがそれはそれは強烈に縄張りを主張しだして黒いさんにきつく当たったんですよ。
そしたら黒いさんがいじけちゃって、暖かい部屋から逃げ出して玄関の冷たいコンクリの上とかお風呂場の濡れた冷たい洗い場にしょんぼりと座り込むんです。散歩で外に出れば「この家には入りたくない」って足を突っ張って言い続けるし。
しばらくは白いさんから黒いさんを守ってやらないとなりませんでした。
それと同じことが若くてエネルギー溢れる新入りを迎えたら繰り返されるんじゃないでしょうかね。
当分の間、新入りを迎えることはないと思いますが、八月さんのご指摘、心の中に忘れずに置いておきます。ほんとうにありがとうございます。

  • 2015-01-29 12:32
  • URL
  • まるみ #-
  • Edit

◎さざえさんへ

先ほど引き取ってきました。
背中がリボンだらけの包帯エプロン状態ですが、普通に動いていて心配になるくらいです。
白いさんも何も食べずに水だけ飲んでいたそうで、帰宅してもごはんを食べてないですねー。
黒いさんも入院させたときは26キロが2週間で20キロになるほどやせてました。動かないので筋肉が落ちるのと、食欲がうせたのと両方みたいです。
さざえさんちの黒犬さんも大変な思いをしたんですね。
犬も猫も人も、健康がありがたいって、思い知らされますね・・・。
んで、エビとココナツオイル、やったことがないので味が想像つかないですが、美味しかったらぜひ教えてください。私もやってみますから。
溶かしバターは、昔、旅先でロブスターをつけてたべたらめっちゃ美味しかったのです。安い赤エビでも十分美味しかったです。
  • 2015-01-29 12:40
  • URL
  • まるみ #-
  • Edit

◎まろっぺにゃんさんへ

さっき連れ帰ったのですが、黒いさんがクンクンしまくりでした。
白いさんは帰るなり大量のおしっこをしてから二階の日当たりのいい部屋で眠っています。
下の部屋は落ち着かないのかな。
3回くらい一階二階を行ったりきたりして、食事は食べず、薬だけ飲まされて眠っています。
手術で取った子宮と卵巣を見せてくれましたが、透明に成熟した卵子が何個も卵巣のなかに並んでいて「外に出たら間違いなく妊娠する状態」って先生が言ってました。
生ませる気はないので、可哀想だったけどこれでよかったんだと自分に言い聞かせて帰ってきました。
いつもご心配いただいてありがとうです。うれしかったです。
  • 2015-01-29 12:45
  • URL
  • まるみ #-
  • Edit

またまた一安心ですね

白いさん無事に終了よかったですね。
我が家も4匹の猫ちゃんの避妊しましたが
水を飲ませないとかっていうのはなかったような・・
娘や母と捕まえるのに大騒ぎした記憶だけがあります
もちろん車の中でも騒いでました。
一度に4匹ではなかったですがね(2匹・・1匹・・1匹ここは中絶でした^^;
これであのウギャ~ウギャ~から解放されますね

エビで一杯。。なんかうらやましいですね
の~~んびり好きなもの食べて軽く一杯
あぁ~~おなかの虫が鳴き始める時間です
最近ついつい一口だけと甘いものに手が出る
3時のおやつタイムです
この時間なら夕食までになんとか
平和な数値になっている近頃です^^;
  • 2015-01-29 15:10
  • URL
  • 桜 #N6kp4qTg
  • Edit

黒いさん…何て健気なんでしょ。
胸が熱くなりました( ; ; )
しかも、避妊手術も辛い思いしたんですね…

ネコは狭い所、静かな所、暖かい場所なんかが好きだから、今は「ほっといてくださいな…時期に元気になりますから…」
って、思ってるところかしら^ ^
暫く、したら走り回りますね(^^;;
  • 2015-01-29 17:21
  • URL
  • まろっぺにゃん #-
  • Edit

ココナッツオイルで海老炒めてみました。
結果はイケた・・と思う。
うちの近所のスーパーにはバナメイ海老しかなかったけれど、美味しく頂けました。
ココナッツオイルって、あの甘ーいにおいが慣れない頃はけっこうきつかったんですが、何度も使ううちにあまり気にならなくなってきました。
海老の甘味もよく感じられたし、かたくならずにできました。
手はベトベトになったけど、溶かしバターは合いますねえ。
オリーブオイルで作ったのは食べてないので比べられないけど、ココナッツオイルもアリだと思います。
  • 2015-01-29 18:40
  • URL
  • さざえ #-
  • Edit

お帰りなさい♪

白いさん 頑張りましたね♪
うちの歴代3ニャンは それぞれ違う病院でしたが 日帰りでした。初代は帰宅後1週間 クローゼットから出て来ず 飲まず食わずトイレ無し!で めちゃくちゃ心配しましたが 1週間後出てきて すごい勢いで食べて飲んで…絶食すると 消化に力を使わず治癒に全力を使えるって ホントなんだ…と思った記憶が。
今の2ニャンは 白いさんの様に 元気に歩きまわり飛びまわり それまた心配した覚えが(笑)

まるみさんも お疲れ様でした。3人でまったりなさって下さい
  • 2015-01-29 22:12
  • URL
  • あぃち #-
  • Edit

◎桜さんへ

猫4匹・・・。いいなぁ。
ずっと多頭飼いの良さに疑問を持っていたけど、今ではすっかり猫好きになったので、(猫もう一匹欲しい・・・)と思わないでもないです。
切除した小さな子宮はウサギの耳みたいな形でした。
卵巣では成熟した卵胞が透けて見えてました。6巣8Ysj
3時のオヤツタイムなら問題ない量ですよ。私なんか今現在(デザートチーズを3切れとロールケーキを2切れ食べました。いかーんw
  • 2015-01-29 23:14
  • URL
  • まるみ #-
  • Edit

◎まろっぺにゃんさんへ

黒いさんは、この子がいてくれたから乗り越えられたこともいっぱいあると思わせる犬なんです。
今日、公園で同じ年のゴールデンの飼い主さんとお話しました。
その子のお母さんが黒いさんと同じ場所に腫瘍があったそうで。
「で、最後はどうなりましたか?」って聞いてしまい、答えを聞いて落ち込み中です。
苦しみぬいて血を吐いて死んだそうで。
どうしよう、私。
白いさんはよく寝ています。さっき私が食べてたデザートチーズを2口だけ食べました。
あしたは元気かな。
  • 2015-01-29 23:25
  • URL
  • まるみ #-
  • Edit

◎さざえさんへ

買ったはいいけど使ってないココナツオイルの瓶があるので、明日使ってみます。
ココナツオイルを使うといきなり南国の料理の味になりますよねー。私は好きですよ。
海老とバターは合いますね。
海老のクセをマイルドにしてくれるし、味がゴージャスになるし。
イカバターもおいしいかなあ。。。イカも海老と同じくらい好きなんです。
  • 2015-01-29 23:28
  • URL
  • まるみ #-
  • Edit

◎あぃちさんへ

一週間も!!!???
すごい。それで治ったら出てきたってことですか。すごいな。
白いさんはほぼ飲まず食わずで眠ってます。
帰宅早々テーブルに飛び乗ったり怪談を往復したりしてハラハラさせましたが、今はぐったりぐっすりです。
なんかねー、疲れちゃった。
母も退院して自宅療養に戻ったし、明日は雪だそうだから、もう一日中ダラダラして寝ます。ありがとう。
  • 2015-01-29 23:37
  • URL
  • まるみ #-
  • Edit

おはようございます♪
我が家にいた猫達4匹は
親子だったんですよ・・・
母猫に姉妹猫2に弟猫1と・・姉妹猫1はある朝突然失踪・・・
数日探しましたが、戻ってくる事はなかったです
私の一番のお気に入りのヨモ猫でした。
その後3匹は平和に暮らしてましたが、病気で1匹が逝くと
後を追うように母猫が。。。残された弟もすぐ後に
その時の悲しみって毎回泣いちゃいます
たくさんいたらその分悲しみも・・・・
でも、忘れちゃってまた欲しくなったりするんですけどね
今写真の整理としていると、時々にゃん子達がでてきて
手がとまってしまいます
  • 2015-01-30 09:06
  • URL
  • 桜 #N6kp4qTg
  • Edit

◎桜さんへ

そっかぁ。そうですよねえ。
生き物がいれば必ずお別れがつきものですものね。
よも猫ってなんだろうと調べたら鯖猫のことなんですね。
猫の分類をわかってないまま病院行ったら「キジトラ白」って書かれて、キジトラっていうんだ、へええって思った私です。
よも猫ちゃんは、うちの白いさんみたいに拾われたのかもしれませんよ。
猫の寿命って、どのくらいなのかなあ。
長生きしてほしいなあ。
私、黒いさんの前に愛してた子の死から立ち直るのに20年かかっちゃったんですよ。黒いさんなんてわが子同様だから、想像しただけで怖いです。なんかそのときのために白いさんがやってきたような気もしています。
  • 2015-01-30 14:05
  • URL
  • まるみ #-
  • Edit

まるみさんおはようございます。
白いさん手術無事終わってよかったですね。
あとは抜糸かな?
以前、犬より猫のほうが飼うのは気楽と書いたのですが、
今週、2匹のうち1匹の子が、前夜、朝と嘔吐して、大好きな餌も怖がるように食べなくなり、あわてて病院へ駆け込みました。
一日目は血液検査をしてもらいいったって健康とのことで、吐き気止めと
液体の餌を注射器で食べさせてもらったら、食べたので安心して帰ってきたのですが、午後になってその餌も吐いてあって、餌にも近づかず、また病院へ、、、今度はレントゲンを撮ったのですが、おならとウンチしか映っておらず、原因不明とのことで、点滴をして帰ってきました。
夕方になったら、レトルトを少しずつ食べたのですが、ウンチが2日間でておらず出そうになかったので、また病院へいって浣腸してもらいました。そして夕方から食欲も戻り、二日後やっと自分でウンチしてくれて一安心といったところでした。
でも、原因が不明なにでまたいつ餌をたべなくなったらと思うと急に不安になってしまいました。今年で8歳と9歳、ずっと元気でここまで来たので
安心していただけに、すごいダメージがきました。
あと、病院へ連れていっていない子のほうが、病院のニオイがするのか、
「シャー」と威嚇をしっぱなしで、元気になってシャンプーするまでそれが続いたことでよけい心配でした。
猫ってとてもデリケートで繊細なのだとすっかり忘れていました。
今回のことで、ご飯を食べてくれる、水を飲んでくれる、排泄してくれることが、とても大事なことだと思い猫ノートを作って排泄や餌の食べる様子など、記録することにしました。
とても長くなってしまって申し訳ありませんでした。
老犬の黒いさんを思うまるみさんの気持ちが少し分かった気がしました。
黒いさんが少しでも長くまるみさんのそばで元気でいてくれますように。
  • 2015-01-31 08:32
  • URL
  • テスト #ocOnaxBI
  • Edit

◎テストさんへ

猫ちゃん、心配ですね。
このまま快方に向かってくれるといいですねぇ。
具合がいいときって、ついつい体調が良いのが当たり前になってしまうのが人情ですよね。私もそうです。
黒いさんは内臓関係の病気ってぜんぜん無かったので、元気が当たり前みたいに思いながら長いこと暮らしてきたので、次第次第に老いてあちこち具合が悪くなってきて、(生きてる間に精一杯かわいがろう)って思うようになりました。
生き物を家族にするってことは、楽しいうれしいことだけじゃなくて短い命の彼らの老いや病気や死と向かい合うことでもあるのだと、肌で知らされますね。
大型犬で14歳半はもうたいそうなお年寄りだそうで、黒いさんとの時間は神様からの貴重な贈り物、くらいに思っています。
テストさんの優しい言葉が身にしみます。ありがとうございます。
  • 2015-01-31 17:07
  • URL
  • まるみ #-
  • Edit

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

**千客万来**

検索フォーム

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。