スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

二倍三倍

【朝ごはん】
コーヒー、コーンスープ。




【昼ごはん】
20150116_1.jpg
すき焼きの残りで作った牛丼のせ(0g麺で)
トッピングは山盛りの七味w




【間食】
コンビニでフランクフルト。





【夜ごはん】
20150116_2.jpg
豚肉多目の0g麺入り豚汁、アイスプラントと鮭水煮のサラダ、炭酸水。





-----------------------------------




一人暮らしの家まで流れにのって100キロ3時間。
今までのドライブはキャリーバッグの中の白いさんの絶え間ない「にゃああっ!!なああっ!!うぁああっ!」と言う怒りの絶叫を聞きながら運転してましたが、集中力がそがれること極まりないのと、密室で三時間叫び声を聞かねばならぬストレスで肩こり首こりがひどかったので、今回は白いさんに胴輪をつけて後部座席のあたりだけ自由に動けるようにして帰って来ました。





白いさんもだいぶ車の移動に慣れたのもあって、後ろ足でシートに立ち上がり、両前足を窓ガラスにバンザイしてくっつけながら外の景色を飽きずに見ておとなしくしていました。たまに信号待ちで隣に並んだ車の人が気がついて、猫好きの人だと大うけしてました。





黒いさんは赤ちゃんのころからどこへ行くにも車に乗せていたのでひたすら静かに伏せておとなしいです。白いさんを乗せるようになって、黒いさんがどれだけ聞き分けがいい犬だったのかよくわかりました。
そんな黒いさんも、コンビニに駐車すると自分も降りたくて「オン!オンッ!オンッ!」と吠えるのですが、私が「うるさい。」と一言言うとピタリと黙るのです。




でもねー、白いさんはキャリーバッグに閉じ込めてたころは運転中に私の頭がおかしくなりそうなくらい休みなく叫び続けているのでたまりかねて「うるさいっ!」と言うと即座に二倍のボリュームで「ニャアアアアッッッ!!!」と叫び返します。
たまらず「だからうるさいって!」ともう一度言うと「ンニャアアアアアアアッッッ!!」とボリューム三倍。いやほんとに。




(叫び返すんだ・・・)って最初のころはびっくりして運転しながら笑ってしまいました。
猫は言葉で叱っても凹まないね。いいよねぇ、自由奔放で。




黒いさんは年をとってから眠ってるときに膀胱が満タンになると、おしっこをタラタラと漏らしてしまうことがあるんです。私がうっかり「あれ?これおしっこ?」なんて水溜りを見ながら言おうものなら目を伏せて尻尾を垂らしてスゴスゴとハウスに入ってしまい、「怒ってないから。大丈夫よ。出ておいで。怒ってないからね」と声をかけても10分ぐらい顔を背けて恐縮しまくるのです。
そんな黒いさんの姿を見るのが切ないので、最高でも4時間ごとにおしっこをさせに外に連れ出しています。





20150116_3.jpg
気がつくと二匹いっしょに寝ています。
こんなことならもっと早く多頭飼いをすればよかったと思いますが、こればかりは縁、ですものね。
そして嬉しいことに黒いさんの動きが若返っているんです。
ドロンとした感じに寝てばかりだったのに、最近では白いさん相手に遊びを仕掛けることまでするようになりましたよ。
犬も人も、老いてからの刺激ってだいじなのね。







スポンサーサイト

コメント

猫って

叫び返しますね(笑)
ウチも先週久々にキャリーに入れてワクチンに出かけたら まぁ~まぁ~っと ずっと文句言ってました。黙った時に誉めたら また まぁ~まぁ~言い出して(((^^;)
家でも 独り言や 電話の会話にも必ず反応してくれます(+_+)
一年年上ニャンコは 反対にダンマリ(笑)
たまに可愛く あっあ~♪ と言うくらい

今日 糖質オフのパン作り という本を購入しました。大豆粉を使わず 強力粉を使った本なので 購入を迷いましたが 著者が糖質制限を5年していて 小麦のパンを食べたくなったから というとこを気に入り決断。私は糖尿病ではないのですが 糖質を摂っていると 目頭の間のちょっと上あたりに 深い横皺が入ります。この皺は膵臓の疲弊を表しているそうで アトキンス始めたら消えました(^-^)
先週炭水化物祭りをしたら 皺がカムバック★
糖質制限始めなかったら 糖尿病になっていたかも…(+_+)

また 本のレシピを試して ご報告いたしますね♪(参考にならないか(*_*) )

いつも いろんなお話 楽しく拝見させて頂いてます(^-^ゞ
  • 2015-01-16 23:14
  • URL
  • あぃち #-
  • Edit

まるみさん、こんばんは

お~昼食ウマそうですね~。
でもやっぱり七味かけ過ぎでは?w
見てたら0g麺を中華スープで味付けしてひき肉炒めのラー油がけ
なんかおいしそうだなと思ってしまいました。
私も最近、久しぶりにダイエー行って0g麺を買ってきました。
(以前に紀文に問合せたら、このあたりの取扱店はダイエーのみと
言われまして)
一緒に買ったのがマルちゃんのえび天ぷら(3個入り)
昔好きだったんですよね~。これ
一個あたり炭水化物6.5gでも0g麺だったらOKですもんね。
まるみさんほどではないですがw一味をかけて食べました。
この寒い季節には最高です^^
で、なぜダイエーに行ったかといいますと食後の運動のためでして。
(片道歩いて10分ほど)
以前に報告しましたフレジュの「高」糖質麺の処理に困ってまして
1/4量の乾麺25gで夕食のあと一品にミニパスタとかミニ焼きそばに
してました。
これはこれで悪くないですし、味、食感もそうなので久しぶりに
ラーメンを倍量(乾麺50g)でいただきました。
最初の実験と同じ量なのですが、酒のみながらの+60ほどだったので
昼間だとイヤだな~と思って、最近は服用してなかったRリポイック酸
をかませました。
食後40分ほど歩いて+12?翌日も同じ条件で試してもほぼ同じでした。
機器の異常?と思ってグルコースコントロール液で検査したら正常値。
う~ん。なにかの成分に自分の体が異常に反応してるのか、はたまた
Rリポイック酸が強いのか謎です。
白いさんの反応、なんか分かりますw
うちのインコのオスはなぜか寝起きがご機嫌ななめで叫びまくります。
「うるさい!」って言うと(白いさんほどではないですがw)
1.3倍くらいで叫んでますw
  • 2015-01-16 23:58
  • URL
  • ゴン #-
  • Edit

この間テレビで、100歳のおじいちゃんと老犬マルチーズのハナのブログが紹介されていました。思い出すだけで泣けてくる〜。
http://s.ameblo.jp/hanachan11117/
誰かに必要とされる実感は、ものすごいパワーを引き出すんだな〜と思いました。黒いさんも、同じかもしれませんね。
  • 2015-01-17 11:19
  • URL
  • おくさま #-
  • Edit

◎あぃちさんへ

おでこの眉頭の少し上、鏡で見たらバッチリ横線あるんですが。
そうなの?これすい臓の疲れを表してるの?ひえー。
てっきり眼瞼下垂の症状かと思ってました。
そうですか。糖質控えると改善されるんですか。がんばらねば。
んで、「あっあー♪」って。かわいい!めっちゃかわいい!
うちの白いさんの一番かわいい声は、冷えた二階で一人遊びしたあとで下りて来て、ドアを開けてもらいながら「にゅごにゅごにゅー」って言うトコなんだけど、声がささやか過ぎて録音できないんです。飼い主だけが味わえる醍醐味ってことにしています。
小麦粉使ったパンで低糖質になるんですか?それはすごいなぁ・・・。
  • 2015-01-17 15:26
  • URL
  • まるみ #-
  • Edit

◎ゴンさんへ

この七味、道の駅で買ったんですが全く辛くないんです。失敗でした。
あんまりかけすぎると食感が悪くなりますね。
んで、0g麺には濃い味付けが合う気がするので、ゴンさんのそのレシピ絶対美味しいとおもう!!今度やってみます。
そしてマルちゃんのカリカリの天ぷら、私もすごく好きです。あれは0g麺と合わせる分には血糖値の心配が要らなくていいですよね。とろけだしたあたりが好きです。
で、アルファリポ酸、日本人の数パーセントが持つ白血球抗原のひとつが反応して低血糖を起こす場合があるんだってね(http://hfnet.nih.go.jp/contents/detail471.html)。可能性としては結構大きい数字よね4~8%って。
Ⅱ型の改善報告もあると書いてあるから試してみようかな私も。合わなければやめたら回復するみたいだし。
猫は声をかけると機嫌が悪いときは余計叫びますねえ。かわいい小さな声で「にゅごぅ」って鳴いてくれるときもあるんですけどねー。
  • 2015-01-17 15:39
  • URL
  • まるみ #-
  • Edit

◎おくさまさんへ

いまブログを少し読んだけど、ダメだわ泣いちゃう。
犬って、けなげだからなぁ。自分のリーダーと思うとほんとけなげなことする。
あのハナちゃんはおじいちゃんに出会えて幸せでしたねえ。
黒いさんは白いさんとのやりとりが刺激になってずいぶん体調が良くなりました。今日も少しだけど公園を元気に歩きました。
最初は子猫のカミカミ攻撃が心配でしたけど、何が幸いするかわからないもんだなあって思いました。
あー、思い出したらまた涙出ちゃうわー、あのブログ。
  • 2015-01-17 15:47
  • URL
  • まるみ #-
  • Edit

良いコンビですね。

猫ちゃんっていうのは、ワンコとは習性が違うのですね。
ちゃんと受け入れてくれたところが、やっぱり黒いさんは、ラブラドールなんですね(おおらか~)

リムの前にチャムという男の子がいました。
ホントに良く出来たラブでした。
そんなチャムも7歳になってから、オシッコがスポイドから出る様に、ポタポタ落ちる様になりました。
獣医さんによると、それは年齢から来るものだから、仕方ないとの事。
黒いさんと同じで、こちらの気持ちを読んでしまうコなので、『気にしないで~』と、言いながら床を拭いていました。
そんな時、ご縁が繫がって、1歳5か月のリムがキャリアチェンジでやって来ました。
そりゃもう、ヤンチャで悪戯好きで・・・往生しました(笑)
でも、チャムはそんなリムを受け入れてくれて、仲良しになったんです。
そして・・・
なんと、リムが来てから、チャムのオシッコポタポタが止まったんですよ~
もう、ビックリしました。
雑誌“レトリーバー”で、『老犬になったら、若いコを受け入れると、その子が若返る』
っていう記事を読んでいたので、納得しました♪
『まだまだ若いモンには負けられない~』
っていう気持ちが湧きあがるのでしょね。
1頭だけなら、静かに暮らしていただけでしょうから。
黒いさんも、白いさんのお蔭で、気持ちも体も若返っているんですよ~
ほんと、良いご縁で結ばれたのですね。

息子さんって・・・
お母さんにしか、素をさらけ出せないのかも?
人の前、彼女の前では頑張ってしまうから・・・
当たられる方は、たまったもんじゃないと思いますが、そういう風に甘えられる存在こそが、お母さんなんじゃないでしょうか?
男子って、ちょっと面倒くさいですが(笑)
お母様って、やっぱり偉大なんだ~・・・って思いますよ!
  • 2015-01-17 20:43
  • URL
  • チャム・リム・Y #fidKPfzc
  • Edit

◎チャム・リム・Y さんへ

猫の思い通りにならなさと言ったら。
いわゆる「リーダー」とか「リーダーの言うことをきく」という概念が無いんだなって、あらためて思い知りますね。
犬の細かすぎる気配りがしんどいこともありますが、この猫の洗礼っていうかねー、(ああ、こんな自由な生き方してる生き物が周りにいっぱいいたのか!)ってびっくりです。
チャム君も同じように若返ったのですね。
見ていて怖いぐらい寝てばかりだったから骨盤内外の筋肉が衰えてたんだと思うんですが、寝てると噛まれるから起きて動く時間が増えてうちもおしっこ漏れがだいぶ改善されました。
黒いさんの気持ちは私にはわからないけど、私は黒いさんが若返ってくれて嬉しいです。
息子のことは、私にはもうどうしようもないっていうか、まな板の上の鯉みたいな気持ちです。
なるようになれ、とも思うし、どうなっても自分の子育ての結果として受け止めようという気持ちと。息子たちはそこまで私が思いつめてるなんて思ってないみたいですが。
  • 2015-01-18 18:04
  • URL
  • まるみ #-
  • Edit

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

**千客万来**

検索フォーム

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。