スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2回目のほろにがショコラでSMBG

前回の日記のコメントで、何人もの方々がSMBGで実験してくださって、ほんとうにありがたかったです。
心からお礼を申し上げます。
いつも一人でこつこつSMBGして結果を書いてるけど、計ってみたよって書いていただけて心強かったしうれしかったです。


-----------------------------------


おなじほろにがショコラで、再び食後血糖値を計ってみました。
ただ今回は午後4時(前回は午後2時)で、おなかが空いてないのが違うところ。



食べたのはほろにがショコラ一個。
思い切って一個全部食べてみた。



左から食前、食後30分、60分、90分、120分。
20141209_9.jpg 20141209_10.jpg 20141209_11.jpg 20141209_12.jpg 20141209_13.jpg



前回は60分の血糖値に驚いて計らなかった食後90分が今回は一番高かったです。
これ以上上がったら困るので15分ほど歩きました。
今回、このくらいで済んだので心底ほっとしてます。
60分値を計るとき、めっちゃ暗かったですもん。(また200超えだったらどうしよう)って。
それにしても同じものを食べて血糖値が50も違うって。



今回は無難な数字で終わったけど、このパン2個食べるとか他にも糖質のあるものを一緒に食べるとかは、私には危険なのでもう怖くて二度と出来ないです。
かつ、動く予定のないときは食べないが吉だわ。




私はすきっ腹のときに糖質を入れると、前回のように1gあたり7とか8とか上がってしまうことが多々あるので、おなか空いたー!ってときはまずはたんぱく質か脂質にしておきます。実験もその辺を考慮しないとダメかも。



-----------------------------



糖質という概念を一気に広めてくれたから、ローソンのブランシリーズには感謝してるんです。ただ、内臓が健康でダイエット目的の方と、食後高血糖を起こしてそのつど血管壁が傷ついてしまう人とでは違うから。
そこの違いを胸におさめて市販品を利用しないとならないと思いました。




--------------------------------------



ずっと悩んでたけど、昨日と今日、白いさんを少しだけお散歩に連れ出しました。



20141209_14.jpg



お外に出かけるのが好きな私と、トイレは頑として外でないと出さない黒いさん。
日に何度も外に出るし、お天気がよければ公園でのんびりしたい。
留守番してる犬と猫のことを心配せずにドライブもしたい。




20141209_15.jpg
外への興味を持たせないほうがいいのかもしれないけど、子猫を留守番させながら黒いさんと何時間もあるいは丸一日とか出かけるのはストレスになって楽しめなくなっちゃうんです。
なので一緒に出かけられないかと。
あんまり嫌がるなら諦めるけど。




20141209_16.jpg
最初は私に抱っこされてしがみついていた白いさんだけど、2分もしないうちに「おりて歩く!」ともがきだし、地面に下ろしたらへっぴり腰で地面に張り付きながら匍匐前進で歩いてました。そしてすぐに草むらに入り込もうとしてました。





20141209_17.jpg
ところが黒いさんがそりゃもう過保護な母親みたいに白いさんにくっついて離れず、白いさんの行くとこ行くとこぴったりくっついて顔を突っ込むし、白いさんが草むらに入るのを前足で止めるので白いさんは自由には動けませんでした。




面白いなあ。
老いてしまって歩くのがようやっとの老犬黒いさんは、身軽で敏捷な子猫の白いさんが心配でたまらんらしかったです。



スポンサーサイト

コメント

ほろにがショコラの件で、改めて糖質制限の事考えさせられた感じがします。気持ちが緩んでた分、こうやってまるみさんが話題を提起して下さって自分も参加することで、やっぱりもっとしっかり考えて食べないと・・と思った次第です。ありがとうございます。

黒いさんの母性に顔が緩みます。なんだかんだで白いさんの事が可愛くて心配でしょうがないんでしょうね。動物ってやっぱり優しいし心が広いわぁ・・。うちの黒犬は他犬がダメだったにも関わらず、私の都合で亡き茶犬さんと暮らす羽目になったのですが、他犬が近づくと吠えて嫌がっていたのを見ていた茶犬さんは、いつの間にか黒犬に他犬が近づこうとしたら、(茶犬さんは他犬は平気)黒犬の前にさーっと出て行って吠えて追い払う役目を担うようになっていました。そうすると黒犬も吠えませんでした。普段黒犬からいつも嫌がらせを受けていた茶犬さんでしたが、それでも黒犬を仲間として守ろうとしてくれていたのを見て、なんて犬って心が広いのだろうと思ったのを思い出しました。
明日はうちの黒犬、わんにゃんドッグなので、きっと死にそうな顔して帰ってくるんだろうなぁ。うしし。
  • 2014-12-09 19:47
  • URL
  • さざえ #-
  • Edit

こんばんは。
わわ~ごめんなさい~わたしの書きかたが悪かったね。
もちろんわたしも、数値を高く出さなきゃとか、製品たたきなど考えとりませんよ~。普段からハテナな、あきらかにおかしい数値がたまに出るので(気温のせいかしら?)、今回もまたかと・・役立たずというのは、ちゃんと計れなくて・・・という意味だったんです。

昔実家で買っていた猫(寅次郎)は、リードをつけただけで腰くだけになって立てなくなっていました。近所でもたまに、にゃんこにリードをつけて散歩している人をみます。白いさんともお散歩ができてよかったですね。
  • 2014-12-09 20:50
  • URL
  • イトちゃん #-
  • Edit

2度目のショコラ実験ハラハラドキドキだったでしょうね
私は平焼きアンパンでと思って今朝ローソンにはいったら
新発売のブランのクグロフっていうのがあり
糖質も平焼きアンパンと1gぐらい違うのかな
クグロフ13.9gでしたから、お昼のおやつ時間に
もう一回、仕事の時はどうなんだ~とやりましたわ
開始15時40分、配茶室でこっそりおやつタイム
開始94→30分(95)がってないけど??と
60分(145)と一気です。
その後仕事で移動になちゃったんで100分(120)
やっぱり座ったままだとダメよ~~~ですね^^;
でもこのクグロフシフォンのようにふわふわ過ぎて
二度は買わないかな~~と

白いさん、外の空気を吸って楽しんだでしょうね
雪のに外の景色・・いいですね~
こっちは毎日グレーの空です。
こんな季節には冬季うつ病とかが発症するとかです。。
日照不足で鬱になるって最近納得する気分の日々です^^;
  • 2014-12-09 21:37
  • URL
  • 桜 #N6kp4qTg
  • Edit

◎さざえさんへ

私もなんです。まったく同じです。
このブログに血糖値の画像が出ないようになって久しいですが、それだけ計ってないってことなんです。何千回も計っていたので(これくらいならOK)ってわかるのもあるけど、確実に少しずつ少しずつ甘くなってくるんですよ私。
以前ならカップのコンビニスイーツはきっちり半分しか食べずに捨ててたのに、最近では平気でまるまる1個食べて(糖質20g以下だし、動けばOK!)ってことも多かったです。
ダメだよね。それじゃ。ずるずるボーダー引き下げちゃって高血糖を知らずにたたき出してたと思うわ。
茶犬さんのお話、読んでて泣きそう。
犬ってさー、天使みたいよね。
汚れてないの。
いつだって純粋でほんとに愛しいです。
  • 2014-12-09 22:00
  • URL
  • まるみ #-
  • Edit

◎イトちゃんへ

あうあうあうあ、私こそ勘違いしてごめんなさいっ(><)
んでね、測定器は寿命があるらしいです。
チップを差し込むところからホコリも入るし使い減りもするって聞いたけど。
あと電池がなくなってきても変な数字が出るって聞いたよ。
夏場はダニが怖くて草むらは行けませんが、今だけは安心して草むらを歩かせられます。
ほんとにごめんね、勘違いして。懲りずにまたコメント書いてね(><)
  • 2014-12-09 22:05
  • URL
  • まるみ #-
  • Edit

◎桜さんへ

実を言うとね、今回計ってそうでもない数字が出るまでずーっと暗かったです。
(気がつかないうちにすい臓ダメージ重なってたか?)とか
(インスリン抵抗性が上がったか?)とか
(どうしようそのうち急に脳梗塞になっちゃったら)とかもうグルグルでした。
ブランパン、60分あたりで一気に上がりますよね。びっくりしたもん私。脂質と糖質の関係でそのくらいにピークがくるんでしょうね。
私ね、千葉の家にいると冬は心が暗いんです。冬は日当たり悪くなるから。
でも宇都宮の借家は朝日から夕日までずーっと日が差してるので心が明るいです。
大学生のとき、11月から4月までずーっと道路に雪が積もってる街に住んでいたんです。もうねえ、冬季欝もいいとこでした。私はかなり日照時間に精神状態が影響されます。
あとね、雪国の冬の歩道の除雪された雪が押し付けられて狭くなって、かつ踏み固められて凸凹斜めになった氷の歩道、あれほどつらいものはありませんでした。あの4年間でほんとに雪が苦手になった気がします。
宇都宮はそれほど雪は積もらないんですが凍結するそうです。どうなることやら、車。
  • 2014-12-09 22:19
  • URL
  • まるみ #-
  • Edit

いつも楽しく拝見しております

まるみさん いつも楽しい記事ありがとうございます。

少し気になったのですが、まるみさんはいつ病院で耐糖能の検査やインスリン分泌検査をされましたか?

ご存知かもしれませんが、血糖の測定値はSMBG>>静脈血のことが多いです。空腹時血糖値は差が殆どないですが、特に食後の値は誤差が大きいです。私も妊娠糖尿病を心配し、グルコースチャレンジテスト(全員がやるスクリーニング)の際に、病院でこっそり並行測定し、静脈血よりも50mg/dL以上高く出て驚いたことがあります。耐糖能が正常な人は、末梢で取り込まれるため特に誤差が大きいようです。

お伝えしたかったのは、本当に糖尿病の患者さん以外では、SMBGの値を目安にコントロールするのはかなり厳しい、かついい加減でもあるので、一度しっかり検査された方がいいのではないかということです。こういっては何ですが、「食べてしまった」とやきもきするのは不要な心配であったりするかもしれないからです。

もし正確に検査された結果、現在の生活をされているようでしたらご容赦下さい。
  • 2014-12-10 15:04
  • URL
  • ぽーたす #-
  • Edit

◎ぽーたすさんへ

はじめまして。コメントをありがとうございます。
最後にCPRを検査したのは2012年の4月、今お世話になってる病院で、です。話すと長くなるのと背景がいろいろ暗い話ばかりなので書く気になれず書いていません。
そのとき基準値を下回っていました。
その前の2010年に糖質制限を始めたとき、糖尿病の検査を受けたくて病院に行ったのですが、「まずはHbA1cを調べましょう」と言われたのですが当時すでに糖質制限を4ヶ月した後でしたのでHbA1cが4.8で「問題なし」と。
糖質制限のことをお話したのですが「糖尿病の患者は食事制限だけでこんなに下がることはない」と言われ、空腹時血糖値も高くなかったので問題なしと言われました。当時の糖尿病学会の指導をそういう病院で受けるのはいやだったので黙って帰ってきました。
そのご病院を2回変えて今年からは糖質制限に理解のある病院にお世話になっています。
食事でのコントロール結果が良好ということで2ヵ月ごとの採血、尿検査、目の検査です。
耐糖能の検査はやっていません。今お世話になってる先生は糖負荷テストは随時血糖値で糖尿病と確定している患者には危険なのでやらないということでした。

病院での静脈からの採血と簡易測定器での動脈結果血で差があるのは承知していますが、「SMBGでの血糖値コントロールは厳しくいい加減」とは全く思っていません。こまめなSMBGこそが血糖コントロールの鍵だと思っていますし現在の主治医もそうおっしゃってます。
同じ食事で家族や友人の血糖値を計らせてもらったことがあります。
息子たちは何をどれだけ食べても最高で120を超えることはありませんでした。
友人も白米をお茶碗1杯半とケーキを食べて130でした。私自身は月に1回の病院の検査だけで血糖値をコントロールすることのほうがはるかに困難に思います。
でもそこは人それぞれですね。
ぽーたすさんは大学のお医者様でしょうか。
そういうお立場からご心配いただき、ほんとうに感謝しています。ありがとうございます。
  • 2014-12-10 17:30
  • URL
  • まるみ #-
  • Edit

そうでしたか

まるみさん 丁寧に説明頂きありがとうございます。
そうでしたか。糖質制限は大学病院でも多少導入されていたりもします。ただあまり極端になるといろいろ問題が出る可能性もあるので、老婆心ながら質問させてもらいました。

糖質制限していると一時的に耐糖能が低下するので(ご存知と思いますが)、たまに多く摂取するとドカンと上がってしまうことがあるかもしれませんね。測定値に誤差があることを考えると、無理のない範囲で糖質を取りつつマイルドに続けられると良いなと思います。

少し言葉足らずになってしまい、誤解を招いたかもしれませんが、空腹時血糖値が上がってしまうのはかなり進んだ段階ですから、SMBGでモニターしながら気をつけて生活することは大切だと私も思っております。ただ乖離もあるのであまり数値に縛られてもストレスではないかと思い、検査されているのかと心配になったということもあります。

かかりつけのお医者さんがいるようで安心しました。今後もブログ楽しみにしております。お元気で!
  • 2014-12-10 21:46
  • URL
  • ぽーたす #-
  • Edit

あせります

まるみさん始め、やはり皆さんよく勉強していらっしゃるのですね。私は生来の無頓着無精者の上このうえなく頭が悪くて、自分の身体の事なのになかなかついていけていない現状があります。
何せ今回のほろにがショコラの件でSMBGしようと思ったら穿刺針の在庫が3本しかなく出来なかったといういい加減さ。最近いかにダメダメだったかを思い知りました。お恥ずかしながら皆さんの会話の単語ひとつわからない事もあり、夕べ少し調べつつ、自分の検査結果で何の数値だか知らないままだったものも調べて一人ブルーになってました(笑)ゆるゆるの糖質制限なんてしている場合じゃなかったのかもとあせっています。
自分の身体は自分で守らなきゃですよね。
少し気を引き締めないといけないと教えていただきました。
まるみさん始め皆さんに感謝です。

黒いさんと白いさんのお話も楽しみにしています。
うちの猫は野良あがりの子なので純粋な家猫にもなってくれずに、とても手がかかります。白いさんみたいな子ならいいのにな~といつもうらやましく読んでいます。
リードは全く受け付けませんが散歩には行きたいらしくて、わんこの散歩の時には少し離れてついてきます。
  • 2014-12-11 10:19
  • URL
  • あいす #-
  • Edit

◎あいすさんへ

いっときパソコンにかじりついて先輩方の食事と血糖値、運動と血糖値の話を夢中になって読んでいた時期がありました。正しいこともありましたし今になって思えば間違ってることもありました。
それでもひたすら最初の1年は血糖値を計りまくって意外に食べられるもの、思ったより食べられないものを知りました。
あと、食後のゆるい運動は私の体には相当有効だなって思いました。
たまにね、(天丼食べたい)って思うんです。不思議なことに以前は天丼をそれほど好物じゃなかったのに。どーしても食べたいときは天丼の具だけ食べたりしてます。ばちあたりですけど。
んで、あいすさんとワンコの少し後ろを歩く元野良猫ちゃん。
想像しただけでいじらしくて泣けるんですけどー!!てかいま泣いてます。
野良を経験すると、やまほど恐ろしい思いをしたのが抜けないんだろうなあ。白いさんはまだ子供で人の怖さを知らないまま拾われたからかもしれないですよ。
んで、リードはめるときは私が毎回流血ですw
リードが嫌いですけれど私や黒いさんと一緒にお散歩には行きたいらしいです。いったんつけてしまえばイソイソします。
あと、関係者と思われるのが嫌であまり書かないんですけど、私が検査チップを買ってるところhttp://www.healthcare-y.com/index.htmlは針が無料でチップの数だけ毎回ついてくるので便利です。

  • 2014-12-11 11:39
  • URL
  • まるみ #-
  • Edit

◎ぽーたすさんへ

そうなんですよね。
使わない機能は低下しますね。それは実感します。ただ「高血糖での合併症は招かず、かつ消化酵素の分泌などの機能が衰えない程度に糖質をとる」って難しいです。
だったら一食あたりの糖質を20g以下にしたほうが簡単だなあと思っています。なかなか徹底できてないですけどw
私はここに書いてないですけどた結構少しずつお芋やらパンやらを高血糖にならない程度に齧ってるので、1日の糖質摂取量はそれほど今は少なくないです。ただ、それやるとてきめんに体重が増えますねぇ・・・。
穏やかなお返事がいただけてほっとしています。ありがとうございます。
医療関係者からのコメントをいただくときは、ほぼほぼ「お前のすすめてる糖質制限で害が出たらどう責任を取るんだ」みたいな口調なのでIPアドレスを見てちょっと暗かったんです。ほんとにほっとしました。
  • 2014-12-11 11:41
  • URL
  • まるみ #-
  • Edit

二回目、ご報告お疲れ様でした。
やっぱり、甘いもの、って必要ですよね。
人生の半分以上食べてきて、急に「悪者」にされても。。。
って思います。
そこそこ低糖で、安全で、美味しくって、手軽に買えて、
というのが理想なんだけどなあ。。。
 
散歩、ほのぼのいいなあ。
でも、本当にリードが外れたりすることだけ気をつけて下さいね。
それだけが心配なもので。
「かご猫」ブログ、ご存知ですか?
検索すれば、すぐ出てきます。
あそこは、本当に理想です。自然の中の猫(所有の土地が広すぎる)
普通は、ああいう飼い方出来ないです。
私は、安全に走り回れて、くつろげる猫公園が夢です(笑)
  • 2014-12-11 12:39
  • URL
  • じゅじゅ #-
  • Edit

◎じゅじゅさんへ

ありがとうございます。(もう一度試さないとなあ)(でもまた高血糖だったらどうするよ)とか思ってましたが、悩んでる時間が無駄なのでさっさとやってみてよかったです。
猫先輩に言うのもおこがましいですけど、猫って手元で楽しめる野生だなあと思ってるところです。
獲物(ネズミのおもちゃ)を咥えて運ぶときのあの凛々しく自慢げな姿とか柱を上まで登るときの指の開きとか。もうたまらんです。
千葉の家に戻って猫まみれになりたいのを我慢してるところです。
高いところから飛び降りたときの「みゅっ!」「にゅっ!」っていう小さい声を聞くと、すごく得した気分です。
私も逃げられるのが一番怖いので今もまだどうしようか悩み中です。
半日寂しい思いをさせても留守番させといたほうがいいのかなあって。
んで、かご猫みてきた!なにあれー!かわいい。かわいすぎる。状況がまだわからないけど、外猫にしても全部自分ちの敷地ってことですよね?
いいなあ。

  • 2014-12-11 15:50
  • URL
  • まるみ #-
  • Edit

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

**千客万来**

検索フォーム

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。