スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

炊飯器で筑前煮

20140630_1.jpg
試作したら美味しくできました。
ゴボウも鶏肉も柔らかいです。
仕上げに木の芽か絹さやでも飾ればよかったなぁ。


なんで試作かというと、使い切りたかった自作の麺つゆを適当に薄めて使ったので、調味料の分量が はっきりしないからなんです。お役に立てず申し訳ない。

「炊飯器で汁っぽい煮物もできましたよ」ってことで。
私はたまたま家にあった胸肉を使いましたが腿肉のほうが普通に使われますよね。




【材料とカロリーと糖質量】調味料含まず たっぷり3人前
20140630_2.jpg

鳥胸肉1枚230g(248-0)
こんにゃく1枚350g
ごぼう100g(65-9.7)
にんじん80g(30-5.2)
干ししいたけスライス5g(9-1)乾燥のまま使用
自作の麺つゆ+水 適当 
--------------------------------------------
352kcal 糖質15.9g

1人前 88kcal 糖質4g

*自作の麺つゆのカロリーと糖質量は、ほぼ醤油分だけ。




【作り方】

1)こんにゃくをフォークで細かく刺す。
2)材料を切る
3)炊飯器でスイッチポン(加熱時間50分)
4)コクが欲しい方は仕上がりにごま油を少し垂らして混ぜるといいかも。


以上。


-----------------------------------------

*炊飯器調理は圧力鍋と同じで、水分の蒸発量が少ないので、最初は鍋で作るよりも少し水分少なめ&薄味で調理して、出来上がってからアツアツのときに味見して、足りない味を加えてから蓋をして冷ます方式だと失敗しないと思いました。


*温度が下がるときに味が染みこんでいくので、保温にせずスイッチを切って温度が下がるのを待つ形で。


*うちの炊飯器、汁が多目のものを炊飯コースでスイッチ入れると(まだ水分が多いぞ!)と判断することがわかりました。いったん調理を終えそうになって残り時間を残り10分からカウントダウンしてたのに、0になるころにそこから再加熱したんですよ。なので適当な時間(40分~50分)でスイッチを切りました。


炊飯器のマイコンはいったいどうやって(まだ水分が多いぞ)と判断するのか、不思議でした。蒸気の量?釜内部の気圧?マイコン制御は便利でもあり若干不便でもあり。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

**千客万来**

検索フォーム

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。