スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

食事日記と料理教室

【ある日の夕飯】
20140527_1.jpg
キムチ、ナスとピーマンの肉味噌炒め、ササミとキュウリの胡麻酢和え、鯵の開き、ツナとプロッコリーの豆乳グラタン。
これは息子の分で、私は夕方に写真を撮るの忘れて食べちゃいました。


【ある日の昼ごはん】
20140527_2.jpg
桜海老とニラの醤油ラーメン風。

 
【最近気に入ってるお茶】ミントティー
20140527_3.jpg 20140527_4.jpg 20140527_5.jpg
「これはチョコレートミント」って品種です。
ミントは水さえ切らさなければ半日陰でバリバリ成長してくれるしアブラムシがつかないのでこの時期に買って植えておくと、198円の苗で秋までずーっと楽しめていいです。
夜遅くにカフェインをとりたくないときや「なにか飲みたいけど麦茶も飽きた」ってときに。

----------------------------------------


友人の料理教室の「血糖値を上げにくいメニュー」、団塊の世代の方々に男女を問わず「もっとやってほしい」ということになり、友人は糖質を控えていないので私がメニューを提案することになり、そもそも「このメニューが血糖値を上げない理由」を説明するプリントを作ったりしていました。
あと町内会役員の用事とか親の検査通院の付き添いとか老犬とのおでかけとか。


糖質を控えたメニューは喜んでいただけたようでよかったです。SMBGしてらっしゃる参加者の方が食後の血糖値を実際に測定して見せてくださって、大いに盛り上がりました。
糖質制限といってもきわめて厳格にやってらっしゃる方からごくごくゆるくやってる方までいろいろということをお話した上で「私はおやつも含めて1日合計60~80g程度の制限ですが、HbA1cだけでなく血液検査の結果は良好で、この食事も3年8ヶ月続けてます」ということで説明いたしました。


「糖質を控える食事って意外に簡単」
「主食がない分、おかずを薄味にするから血圧にも良さそう」
という感想をいただきました。

主食がないということに年配の方々はもっと抵抗感を持たれると思いましたが、「鯖缶と青菜の卯の花」「千切りキャベツ」「あっさり味のゆでもやし・キャベツ・白菜」「蒸しパン」「糖質0g麺」などを主食として組み合わせることを提案して試食していただいたら
「これならやっていけそう」というご意見が多々。

ファイバー蒸しパンはとくに好評で「まるで普通の蒸しパンだよね」とのご意見がほとんどでした。チョコ味抹茶味も喜ばれましたよ。
それとね、長年「糖尿病にお酒は厳禁」とされてきた人には「糖質を含まない少々のお酒なら」という点も喜ばれたようです。

質疑応答のほかは私は顔を出しませんでした。生徒側のほうが楽しいですもん。
スポンサーサイト

**千客万来**

検索フォーム

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。