スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ひさびさの生おから蒸しパン

*忘れないうちに書きとめますが、手作りめんつゆは5日間冷蔵庫で寝かせたら、とても美味しくなってました。少し薄めて使うといいかんじでした。

----------------------------------



20140505_3.jpg
本当は生クリームをのせたかったけど、買いに行くのが億劫でラカントで甘くしたヨーグルト。
これでも十分かな。



朝っぱらから甘いものが食べたくて、でもコンビニのお菓子を買うのはためらわれて、卯の花用に買った生おからで蒸しパンを作りました。
3.5kgもたまってたおからパウダーはやっと使い切りました。
もうね、「私の体はおからでできている」というぐらいの勢いで食べました。
はーやれやれ。


20140505_2.jpg

微粒子のおからパウダーを食べなれていると、フードプロセッサーで繊維を断ち切ったつもりでも、生おからの繊維の歯ざわりが気になりましたが、最近は気にしないようにしています。
腸のために繊維を取れると思えば。
小麦ファイバーは在庫が切れて注文しようか悩み中。



【夜ごはん】
20140505_1.jpg
ゴマドレッシングのチキンサラダ、高野豆腐、アボカドレモン、竹の子土佐煮、アスパラとズッキーニのココナツオイル炒め、ヨーグルトとイチゴジャム。


なんかスーパーでココナツオイルを盛大に売り出してますね。
テレビでやったのかな。
クルミとか鯖缶もそうだけど、普段自分が愛用してる品物をテレビで取り上げられて品切れになったりすると一瞬(やめて欲しいなぁ、迷惑な)と思うんだけど、それはなんとなくよろしくないわと反省します。
自分が健康になりたいように、誰だって健康でありたいものね。




-----------------------------------




昔作った生おからのマフィンのレシピを見返せばいいんでしょうけど、それさえも面倒くさかったので、様子を見ながらフードプロセッサーに材料を入れてつくりました。
生おからだと品によって水分含有量が違うからそれで良かったのかも。
いまさらだけど、「検索も面倒」というお仲間がいるかもしれないので、書いておきますね。



【チンする生おから蒸しパン10個分】

生おから180g(200kcal-4)
卵2個(100g)(160-0.2)
ヨーグルト80g(37-4.8)おからにより50~80g
ラカントS 50g
ベーキングパウダー3.5g(4-1)~5g
バニラエクストラクト(エッセンスでもオイルでも)
-----------------------------------------
401kcal 糖質10g

1個あたり 40kcal 糖質1g


【作り方】
とろみ具合を見ながら材料を加え、フードプロセッサーでよくかき混ぜて繊維を切ります。
水分量はヨーグルトで加減してね。
10分割して5個ずつ5分チン。
シリコンカップから出したら上下をひっくり返しておくと底が水っぽくならないです。


*このそっけない蒸しパンには柔らかくチンしたクリームチーズやバターが合いますので、カロリーを控えてない方にはおすすめです。ちょっとだけ試したら止まらなくなりそうだったのでやめておきました。


そしてこのCM。「なにが糖なのか」という概念を広めてくれてるのはありがたい。



でも、食べることが好きな人(私のことね)の陥りやすい間違いは
「なにか便利なお茶やサプリメントを飲んだり食べたりして食べすぎをなかったことにできるかも」という漠然とした希望的な勘違いだと思う。
そんな都合のいいものって、ないのに。


この手のものは「すこし吸収の邪魔をしてくれる程度」と思わないと痛い目にあうんですよね。このCMも「なかったことにできます」とは言ってないわけで。

スポンサーサイト

**千客万来**

検索フォーム

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。