スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

低糖質めんつゆを自作する

20140428_4.jpg
市販の低糖質なめんつゆを買うのもいいのだけど、糖質0g麺の出番が増える夏を前に「麺つゆを自分で作る」てのをやってみました。ストレートタイプです。
冷蔵庫で5日ほど冷やすとお醤油のカドが落ち着きいっそう美味しくなりました。
20140428_6.jpg
めんつゆがあると長ネギの肉巻きも簡単よー。






【材料】

ダシ600g(昆布でもカツオでもイリコでもほんだしでもお好きなもので)
醤油105g(薄口・濃い口・量はお好みで加減してください)
糖質0の日本酒 120g
ラカントS 35g±10g(お好みで加減してください)
追い鰹用削り節2袋ほど(無しでもOK)
------------------------------------------------------
糖質はお醤油の分だけ。



1)ダシ600ccを作る。
20140428_1.jpg



2)お醤油と日本酒とラカントSを加えて軽く沸騰させる。
20140428_5.jpg
味見したらパンチが足りない気がして追い鰹しました。



*「追い鰹」をしたので漉しました。
20140428_3.jpg





3)清潔な容器に入れて冷やす。
20140428_2.jpg
母用と書いておかないと麦茶と間違えてラッパ飲みしそうになって吹き出しちゃう人がいるんです。




*ラカントに保存性はないらしいので、大量に作らずに600gくらいずつ作って早めに使い切ってください。
*冷凍保存もできると思いますが、味や風味がどうなのかは未確認です。


----------------------------------------------

【参考にしたサイト】


基本の麺つゆはAjinomotoさんのサイトから。
味の素さんのレシピでは
水150cc
ほんだし小さじ1/2
しょうゆ大さじ2
みりん大さじ2



ですが、みりんを使いたくないのでみりん大さじ1=糖質0日本酒大さじ1+ラカントS小さじ1に置き換えました。
参考にしたのはこちら

でも、私はお醤油をこの割合で入れると塩辛く思えたのでお醤油を少し減らして作りました。


------------------------------------------

【感想】

冷蔵庫に保存していたものを5月4日の段階で味見をしたら普通に美味しくなってました。
 やっぱりあるていど寝かせないとだめなのね。

スポンサーサイト

**千客万来**

検索フォーム

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。