スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ココナツオイルとオリーブオイルは。

20140417_1.jpg
今日のおかずは・・・
肉そぼろと青ネギ入りの卯の花、鯖の味噌煮、ミニトマト、蒸し黄ズッキーニのオリーブオイル和え、鳥胸肉と玉ねぎのココナツオイル炒め。



厚さを揃えてひと口サイズに切った胸肉をたっぷりのココナツオイルで炒めてクレイジーソルトをかけただけなんですが、これがなんともいえず風味がいいです。シンプルに鶏肉の美味しさを味わえます。


****************************


おからを消費したくて主食にしていたら、おなか周りが少し減りました。
そうよねえ、おからだものねえ。痩せるわそりゃ。
eicoさんがおからでチャーハンみたいにしてるのを見てやってみたら、簡単で美味しかったです。


去年ぐらいから使うようになったココナツオイル。

20140417_2.jpg
これはココナツの香りがしますけど、匂いが苦手な人には、カルディには匂いのごく少ないココナツオイルも売ってるそうですよ。黄色い縦長のボトル入りで。



ルバーブさんのブログでもココナッツオイルの様々な長所を教えてもらって、こまめに使うようにしたのです。
ココナッツオイルはこのサイトによると、中鎖脂肪酸で構成されているので吸収されたあとの体内での移動のルートが他の油とは違うそうで、長鎖脂肪酸よりも4倍吸収されやすく10倍燃えやすいのだそうな。
そして92%が飽和脂肪酸なので、酸化に強く安定してるそうです。
グラフを見るとバターよりもずーっと安定してそう。




そしてココナツオイルの脂肪酸の内訳は、おおまかに、ラウリン酸50%、ミリスチン酸15~20%、パルチミン酸が10%ですが、名古屋大学のこの研究報告を読んだら、オリーブオイルに多く含まれる長鎖脂肪酸のオレイン酸とココナツオイルに含まれる中鎖脂肪酸のラウリン酸などを組み合わせると、17ページに書いてあるように「強力にがん細胞を死滅させることができる」のだそうで。



これを読んで以来、効果を期待してオリーブオイルとココナツオイルを一緒の食卓に乗せるようにしているのですが、さあ、結果やいかに!って、それはこれをずっと続けた先ですね。



****************************************



町内会の役員さんが体調不良なので私が前倒しの形で役員になったのですが、引き継いだ資料が全部手書きの大学ノートで、それを見ながら(お名前や数字に間違えがあったら大変)と真剣になんどもチェックしながらパソコンに入れてたら肩がこってクラクラ中。
スポンサーサイト

**千客万来**

検索フォーム

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。