スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今日のごはんと仕事の話

*ぬって食べるカスタードクリーム、いちおうレシピを変更しました。
また改良したらまた書き直します。


------------------------------



失敗したパンを早く消費したくてサンドイッチ。
 


【朝ごはん】
20140301_1.jpg
失敗したゴマパンにトマト、アボカド、スクランブルエッグ、ケチャップ。




【昼ごはん】
20140301_2.jpg
サラダ菜、海老、アボカド、マヨネーズ。
見た目がダメダメだけど味は良い




【夜ごはん】
20140301_4.jpg
ジンギスカン。
今日は雨で運動が足りてないのに食べすぎだわ。




【道の駅にて】
20140301_5.jpg

ずっと私に「仕事を再開したほうがいいよ」と言ってた友人が、相談があるというので、ドライブがてら片道2時間の道の駅に行きました。
車中でいろいろ話を聞きました。



50代は自分や夫の体の調子も悪くなる時期であり、親の体にガタが来るころであり、子供の就職や結婚や出産の時期であり、旦那さんの定年を前にして移動やら転勤やらも出てくる時期であるわけで。




以前から(相当疲れてるなあ)と心配していた友人がいよいよ仕事をやめるのだそうな。
彼女がその仕事をどれだけだいじにしてきたか、子育てと仕事の間で苦しみながらも全力で乗り越えてきたことを見てきたので、「もうどうにもならないから(仕事を)辞めることにした」と聞いたら私が泣きそう。





4年前、私が心底大事にしていた仕事場を家庭の事情で閉めるとき、彼女は小さな花束を渡してくれて「長いことお疲れ様でした」って言ってくれました。
当時、泣きたいけど泣くわけにもいかない私の立場と気持ちを、あのときわかってくれたのは彼女だけでした。
親も兄弟も家族も私がどれほどつらい気持ちで仕事をやめたか、気がつかなかったし気づかせなかったのに。









道の駅の温泉はツルツルヌルヌルするいい温泉で、二人で話しながらお湯につかり、また帰りの車内であれこれ話をしました。
いつか「あのときは泣く泣く仕事をあきらめたっけね」ってお互いに笑顔で語れる日が早くきますように。




明日は一日雨の予報だし、食べ過ぎて胃が重いのでこれから少し歩いてきます。




スポンサーサイト

コメント

仕事を愛して大事にしている(ワーカホリックとかじゃなく)人は 自分の人生も大切に生きてる気がします。例え何かの事情で 辞めざるをえなくなったとしても その時の気持ちを忘れなければ 必ず悔いのない人生になると思います。
まるみさんもお友達も 素敵な大人の女性ですね。

切ないお散歩になっちゃいましたね。胃が重かったのは食べ過ぎただけじゃなくて、お友達と気持ちを分けあったからじゃないですか?
元気出してくださいね(^-^)/
  • 2014-03-02 00:02
  • URL
  • ゆっきー #-
  • Edit

◎ゆっきーさん

女の人が仕事するとびっくりするようなことをいまだに言う人がいるのよ。
それを言うのが男の場合もあるし女の場合もあるわ。
言われるのがいやで頑張っちゃうと体壊しやすいのよねー。
パンは生地を4分割じゃなくて6分割じゃないと食べ過ぎるって実感しました(遅)
  • 2014-03-02 08:29
  • URL
  • まるみ #-
  • Edit

まだまだ若輩者ですが

未だに女が仕事頑張るなんてってプレッシャーひしひしと感じます。

私は好きで司会業をしていますが、義母は子供を残してまでって感じです。
母の方も趣味の講習会とか行くと言うと嫌味を言ってきたり。
(子供を預けるので仕方がない部分もありますが)

まだまだ母親がキラキラ輝いている事が許されない世の中なんでしょうね。
私の世代でそれだから、まるみさん達は戦う相手がより沢山いたんだろうなと思います。

先日心理カウンセラーの先生の講演で、「お母さんが楽しそうに生きてることが子供にとって一番なんですよ。いつも笑顔でいられるように我慢しないで」みたいなことを言ってらっしゃって、少し肩の荷が下りました。

お友達もまるみさんも自分をしっかりもって色んな立場としての責任を果たされてきたんだもの。同じ女性として、尊敬します。
  • 2014-03-02 11:45
  • URL
  • bonita #-
  • Edit

◎bonitaさん

子育てとか仕事とか、人それぞれの環境だし個人的な生き方の問題だから他人がどうこういうことではないんですけどねー。
さすがに面と向かって保育園に預けて働くことを批判した人は私の人生でも数人だったけど、それを言うのはたいてい年配の女性でしたね。
この手のことは私は理解してもらおうという努力をしても無駄と思っているので、「私は自己責任でこうします。私の生き方をわかってくれなくて結構なので絡んでこないでね」というスタンスでした。
しつこく不愉快なことをわざわざ向こうから言ってくる場合は二度と言ってこない様にガツンと言い返しました。黙って引き下がってるとろくな結果にならないから。
  • 2014-03-02 13:45
  • URL
  • まるみ #-
  • Edit

まるみさんは良い友達がいますね

お互い
分かり合えて
その方の、気持ちに寄り添って上げられて
素晴らしいです。

人を大事に、できるまるみさんだからだと思います
  • 2014-03-02 17:12
  • URL
  • akimama #x3JJMaUU
  • Edit

◎akimamaさん

同じ年代で同じ苦労を重ねていたので、気持ちがわかるんです。
でも、親しくても似たような境遇でも全く同じではないので、わかったようなことは言うまいと気をつけています。
何か言って来たら聞いてあげる、くらいしかできないですもん。私もそうしてほしいですし。
難しいですよね、人付き合いは。
  • 2014-03-02 19:21
  • URL
  • まるみ #-
  • Edit

気軽に軽口をきける友人は多数あれど、
そこまでお互いを分かり合える友人同士
って希少ですね。いいですね。
ホント、まるみさんのお人柄ゆえですね。

羨ましいのは、まるみさんもご友人も
そこまで愛せる仕事に出会えたこと。
私は旦那の自営業を、半ば嫌々手伝って
いるので。そこまで仕事を愛してるかどうか(;_;)

それでもやめる時は色々と思うのでしょうね。
  • 2014-03-05 13:28
  • URL
  • マロン #-
  • Edit

◎マロンさん

ここまで心を打ち明けられる友人はほんとに少ないです。
なぜかこの友人とはバイオリズムっていうか運勢っていうか、真逆なんです。
だからお互いに励ましあえるんだと思います。
あと、お互いにずっと遠慮があって会うのも月に1~2回です。そういう用心をするような経験を二人ともしてきたってこともあるかも。
私も実は夫に「仕事を手伝え」とどれだけ言われてきたことか。夫の仕事は全然私の性に合わない書類仕事なんですよ。書類仕事ができてたら最初からOLやってるよって泣いて嫌がって逃げ続けました。夫にすごく怒られましたが私、書類仕事を夫の下で続けてたら心を病んだに違いないと思ってます。マロンさんはいい奥さんで役に立ってるところが私とは全然違います。私、ついにそういう奥さんになれなかったのよー(><)
  • 2014-03-05 17:22
  • URL
  • まるみ #-
  • Edit

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

**千客万来**

検索フォーム

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。