スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アドバイスするのも勇気がいる

遠くに住んでいる知り合いが、つい最近、血液検査で2型確定したそうで。糖質を控える食生活を紹介したらいいのか余計なお世話なのか。




一度、「明け方に足がつる」「お尻にできたおできが治らない」とブログに書いていたので「血糖値が高いということはないですか?」とメールで聞いたのがこの夏。お返事は「不摂生してますからね、たぶん血糖値も高いでしょうねー」




まだ40代だと女性に暗に「糖尿かも?」って言われることで傷ついたのかもね。
(もう余計なことは言わないようにしよう)と思ってましたが、夜勤専門のお仕事だし(相当ハイリスク)、料理に興味はなくて外食専門なようだし、運動してるふうはないし、ラーメンカツ丼カレーが好きだって書いてたし。




余計なことは言うまいと思いつつ、もしこのまま黙っててどんどん悪くなったら気の毒だなぁとも思うんです。SMBGしてくれりゃ私が言いたいことは一発で伝わるけど、「血を見ただけで具合が悪くなる」って言ってたしなぁ。





と、ここまで親しい友人に相談したら
「一人暮らししてるのも、運動しないのも、寝る前におなかいっぱいごはんを食べてるのも、ブログを書ける環境にあって糖質制限に目を向けないのも、全部その人が選んだことなんだからあなたが気に病む必要はない。聞かれたら親切に教えてやればいい。あなたからあれこれ口出しするのはやめときなよ」って言われました。
その友人は私が糖質制限してることも知ってるし、糖質制限してる人を口汚くののしる輩がいることも知っているから私を心配してくれてるのです。





親切でアドバイスして「病気のことは医者を信頼して任せますからご心配なく」とほかの人にばっさり斬られたこともあるからなぁ。
怪しげな民間療法と思われたらバカみたいだからねぇ。



こうして糖質制限したいと思ってる人のお役に立てたらとブログを書いてて実際に顔を知ってる人には伝えられない。矛盾してますよね。





【夕べのごはん】
20131120_1.jpg
もずく酢、ネギ・こんにゃく・エノキの辛味噌炒め、納豆入り玉子焼き、豚しょうが焼き、ほうれん草バター炒め、麦茶。





【間食】
20131130_2.jpg
梅湯




【朝ごはん】
20131130_3.jpg 20131130_4.jpg 20131130_5.jpg
コーヒー、カップスープ、アトキンスバー。
アトキンスバーも賞味期限が近づいてます。備蓄食品いっぱいあるんですw
そしてオマール海老のカップスープがめっちゃ美味しかった。




【昼ごはん】
20131130_6.jpg
ケチャップかけすぎかっw


りんごを10個いただき、5個を友人に回し、残りのうちの1個を重量比10%のラカントで煮ました。煮ると好きなんですが、糖質がね・・・。りんごで血糖値上げるぐらいなら他のものを食べたいんだけど、捨てるわけにいかないし。
我が家はなぜか息子たちもりんごが嫌いです。
私は一度も息子たちの前で嫌いだって言ったことはないのに。





スポンサーサイト

コメント

こんばんわ

まるみさん

相談したいことがあるのですが

直接メールすること可能ですか?
  • 2013-12-01 03:39
  • URL
  • akimama #x3JJMaUU
  • Edit

◎akimamaさん

私でわかることだといいのですが。
  • 2013-12-01 06:41
  • URL
  • まるみ #-
  • Edit

私の兄も糖尿です。私が糖尿発覚して 兄はどうなのか確認するまで教えてくれなかったので 今年の2月にようやく知ったのですが、もう5年以上は、SU剤を飲んでるみたいです。
父が糖尿で脳梗塞を患い、7年以上も透析生活をして亡くなったのに 全くその教訓を活かせず糖尿になる兄と妹…orz

そして兄は 自分の病気に対する危機感が薄く糖質を制限するどころか、カロリーすらほとんど制限していません。
私がどんなに真剣に話しても 聞き流すだけ、今年 還暦を迎えたお祝い?に 測定器一式をプレゼントし、『せめて食後二時間値だけでも測ってみて』と頼んだのですが、1度も測っていないようです…

年の離れた兄に 膝詰めで説教するわけにもいかず 本当に心配です。
なかなか東京に帰る時間も取れないので 次回 帰省した時には じっくり話し合ってみたいと思ってます。

いくら治療法や食事は自己責任と言っても やっぱり身内には口出ししたくなります。
少しでも元気で長生きしてほしいですもんね。
  • 2013-12-01 08:30
  • URL
  • ゆっきー #-
  • Edit

◎ゆっきーさん

兄弟だと、そうですよね。(なんとか頑張って改善してよ)って思いますよね。
糖尿病って、命に直結してないように見えるから慌てない人がすごく多いですよね。
脚を切断したり目が見えなくなったりするかもしれないって思うだけで私は怖くて怖くてなのですが。
友人の(友人なのかな・・・)場合もまだ情報不足で事態がよくわかってないんだと思うわ。
私、夫のときも思ったんだけど、病気と向かい合うって「どう生きたいか」「病気のおかげで一人では暮らせなくなったらどうするのか」「どういう最後を迎えたいか」っていうこと抜きでは語れないと思うんだけど、多くの人は(私も最近までは)そこは漠然としたまま目をそらせて生きてるから。
この前ね、深夜番組でマツコデラックスさんが「80才まで生きるとして(1年が)あと40回しかない」って言ってるのを聞いてびっくりしたんです。あの状態で80歳まで生きるのはきわめて難しいと他人は思うけど、本人はなんとなく平均寿命まで生きると仮定してるんだよね。私、マツコさんが大好きだからほんとにほんとにもう少し痩せて健康になってほしいわ。
医者の友人が「みんな幸せな勘違いをしてる」って言ってたけど、ほんとにそうだと思うわ。
で、私のバイク仲間にはどうしたらいいかなあ。
余計なお世話を承知で糖質制限について話をしてみようかなぁ。それとも医者に言われたとおりに頑張ってそれでも成果が出なかったときに「こんな方法もあるよ」っていう形で伝えてみようか、どっちかにしようと思います。
  • 2013-12-01 11:21
  • URL
  • まるみ #-
  • Edit

低糖質チョコクリーム、ありがとうございます(^O^)/
たぶんあのチョココロネ?
とっても美味しいのですが、コスパが…^_^;
もう少しお安かったらなと
思っていたところです。作ってみようかな?
オレンジリキュールとか加えても
美味しそうですね(≧∇≦)

お友達の件、残念で難しいですよね。
ご本人が納得しないと、どんなに
良いか説いても…馬耳東風ですよね(・・;)
糖質制限がもっと世の中に浸透すると、
ご本人の反応も違うのかな…

旦那の大切な親族を、肺癌で
3年前に亡くしましたが、
「医者を代えたら?」「セカンドオピニオンを!」
とやんわりと、何回も話して、やっと本人がその気になり、
違う医者にかかった時は、相当進んでしまい…

本人の寿命だと思うしかないですかね。
糖尿は辛い合併症が怖いのですがね…>_<…
  • 2013-12-01 13:11
  • URL
  • マロン #-
  • Edit

◎マロンさん

そうなんです、あのチョココロネなんですけど1個200円でしたっけ?
気楽に食べるとひと月のチョココロネ代金がいったいいくらになるんだろうと怖くなって(笑)
美味しかったですよ、簡単クリームの割りには。
友人というほど親しい仲ではなくても、顔を知ってる人が同じ病気になってこの先悪くなっていったらいやだなぁと思うんですよ。
まあ、悪くなるとは限らないし私の心配なんて余計なお世話なんだけど。
いっとき、(この文章を読む限りにおいては2型っぽいなぁ)と思って気をつけたほうがって言ったけど、そのときの反応が一笑に付された感じで。
今はアドバイス欲しいと思ってるかもしれないけど、私のほうから声をかけるのはやめておこうと思ったり。いや・・・と思ったり。です。
何かあってからでは遅いんだけど、悩みますね。
とことん他人に関わっていく気力が私にないものですから。
  • 2013-12-01 15:39
  • URL
  • まるみ #-
  • Edit

初めまして。いつも読み逃げでした(笑)。

私の同僚が(といっても60過ぎのおっさん、いつも健康診断で何かにひっかかっているらしい)
以前、私のところに寄ってきて「炭水化物食べてないんだって?」
「力出る?」「じゃ何食べてるの?」とかいろいろ聞いてきました。
私が、あれよあれよ、とするするするーーっと痩せていったので気になり興味はあったようです。

そのおっさんは、背中にもお腹の辺りも肉がはみ出していて
うーーん、検査結果悪いだろうなぁと思っていたらやはりそのようです。(詳細は聞かず)

そこで
「力?全然問題ないよ」「食べ物?肉、肉、肉、魚、チーズ、卵と野菜」と答えたのですが
その方、肉を食べないのですよね(宗教的なもの、味が嫌いなわけではない、あ、魚はOKらしいです)。

ということで
「あ、俺肉食べないから駄目だ、それに炭水化物食べないと力が出ないし(←お決まりの文句)」という返事が返ってきました。


うちの父も糖尿病でインスリン、飲薬服用ですが実家に帰ると
「あまり、キチキチに(糖質制限)やるなよ、適当にしておけよ」といつも忠告されます(苦笑)。

実の家族でもそうですから、他人でその気にならない人はそれ以上はその方が決めること、と思って向こうから振ってこない限りは話をしないことにしています。

私も半世紀以上生きてきたので、これから先は楽しいこと、好きなことを優先して、嫌なことはできるだけしない、嫌な人とは付き合わない、と思っています(わりと本気)。

※余談ですが、私も9月初旬に愛猫とさよならしました。
悲しく、寂しいことですが、出来ることはしてやれたし、最後までちゃんと看取ってやることができたので、これでよかったんだと思っています。
まるみさんもワンちゃんとの今を楽しく過ごしてくださいね。


  • 2013-12-01 17:20
  • URL
  • かてきん #oPiqAFzQ
  • Edit

◎かてきんさん

はじめまして。コメントありがとうございます。
そしてそのお名前、すごく波長が合いそうな気がしてなりません。
そうなんですよ、他人でその気にならない人に私が良かれと思って何を言っても余計なお世話以外の何物でもないですよね。なんか後ろめたい気持ちになってたんだけど、そういう気持ちで何かをやって失敗してきた過去を振り返って(やっぱり余計なことは言わんとこ)って思ってるところです。
んで、世の中の人間は、新しいことにぶつかるととりあえず「ダメな理由を探す人」と「やれないわけない」と思う人」に別れるって言うのが私の持論です。
私が30後半で転職したときも、40過ぎてベイクに乗り始めたときも、周りの女性はまずダメな理由をあげてきましたっけ。
そういうのは(安全パイを必死に握り締めててつまんない生き方だなあ)って思いました。
糖質を控える食事、まずはやってみればいいのにね。肉抜きで魚中心でも十分できるのに。
そして我が家のワンコ、いっときは(もうダメなんだな)って思ってましたが今は発作以前と9割がた同じ感じになりました。車の後部座席に以前はスタッと飛び乗れたのが今は3回に一回は乗れなくて失敗するんだけど、そういう姿もまた愛おしいです。私の生活はいま、老犬を中心に回っています。
今を楽しんでいこうと思っています。
かてきんさん、また気が向いたらコメントくださいねー。そのお名前ナイスですー。
  • 2013-12-01 18:35
  • URL
  • まるみ #-
  • Edit

初めまして。いつも読ませて頂いておりましたが、今回の記事は全くひとごとではなくて。
わたし自身はダイエットのために糖質制限を始めたのですが、一型の友人がおりまして治療に全く積極的でなく、もし効果あるようなら勧められれば、という思惑もありました。
結果、わたしのダイエットは大大成功だったのですが、啓蒙には失敗でした(笑)
結局本人がその気にならなければ、食事と言う楽しみと習慣が強く結びついたものは変えがたいのかな。でも日毎やつれていく姿を見るにつけ、もっと強く勧めるべきだったのかもと未だ答えは出ません。

まるみさんのご友人も、糖質制限でなくても、自分の身体にもっと積極的になって下さる日がくると良いですね。
  • 2013-12-01 19:31
  • URL
  • いるみ #-
  • Edit

◎いるみさん

はじめまして。コメントありがとうございます。
ⅠDDMだと管理がちゃんとできていれば健常な人と同じ寿命を得られるはずなのに。
そこはⅡ型よりも望みがあるところなのに。
もったいない。
いるみさんは効果抜群だったのですね。よかった!
思うに、糖尿病とわかっていても脚が壊疽を起こすまで放置してしまう人も少なくないらしいし、なんだろう、恐怖が実感できない人、恐怖と思わない人、そういうタイプなんですかねぇ。
楽観主義なのかなぁ。
私の友人もウォーキングでなんとかなると思ってるみたいです。
でも、ネットに山ほど書かれている情報を手に入れようとしないのも本人の意思なのかもしれませんねえ。
でも私、友人に何かあったら、猛烈に後ろめたくなる気がします。
割り切らないと自分が病みそうですので、本人がやる気を出すか出さぬか、それも当人の運命なんだと思ったほうがいい気がします。
いるみさんのお友達も、いい方向に向かってくれるといいですねえ。
  • 2013-12-01 20:06
  • URL
  • まるみ #-
  • Edit

感謝です

そうしてみると、まるみさんが某友人を通して私に忠告してくれたのはものすごい幸運だったんですね。

ほんとにいくら感謝してもしきれません。

でも、ひとつだけ弊害があります(^^ゞ

運動しなくなっちゃいました。。。

それまではなんとかウォーキングと登山だけで旧値で6前後にキープしてたのに、糖質制限したら何もしなくても新値で6前後にキープできるのでm(__)m

でも、やっぱり運動は必要ですね。
また頑張らねば。。。
  • 2013-12-02 10:11
  • URL
  • のぶさん #-
  • Edit

◎のぶさん

だってのぶさん、すっごく頑張ってたじゃないですか。
普通の食事をしても数値を抑えていられるって、大変なことですよ。
でも良かれと思ってたべてらっしゃるものが血糖値を跳ね上げるものが結構あったから見てられなくてつい。
ガツンと上がった血糖値を運動で下げてるんだとしたら上下の幅が大きくなって数値的には良くても実際は血管壁が傷ついてることもあるから。
男の人は銀シャリの誘惑に負けてなんだかんだと理由をつけてなし崩しに高炭水化物食に戻る人がいっぱいいる中で、のぶさんはいったん決めたら揺らがないところがすごいなあって感動して毎日拝見しています。さすが社長さん、さすがはリーダー、違うわーって。
今回の友人の場合は本人の照れ隠しもあるんでしょうけど「まあ、たいしたことないからご心配なく」的な感じで突っ込んだことは言いにくかったんで悩んでいたんです。私、嫁さんでも兄弟でもないし。中途半端な口出しは悪い結果になることが多いし。
食事で病と向かい合うって奥深く難しいけど、私、糖質を控えるって腎臓の悪い人がたんぱく質や塩分を制限してることに比べたら楽だと思ってます。お互い糖質を控えれば済むところで踏みとどまれて幸運でしたね。
  • 2013-12-02 17:02
  • URL
  • まるみ #-
  • Edit

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

**千客万来**

検索フォーム

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。