スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今日のちまちまごはん

【昨日の夕飯】
20130801_1 (2)
・冷奴、手羽焼き漬け、キムチ、塩辛、野菜サラダ、赤魚の開き、水割り。

食べるということは本能的な行動だから、自分の意思でコントロールできないことも多々ありますね。


本能に左右されるがゆえに食べ物に執着してしまう自分に嫌悪感を持ったり、「ストイックな生き方」に憧れて挫折しては凹んだり。
そんなときは温泉(スーパー銭湯だけどね)でヘロヘロになるまでお湯に浸かって、(ま、そんな日もあるよ、人間だもの)と締めくくって終わり。



先日、趣味の仲間に
「まるみさんが料理や食べ物に執着しているのは幼少時の親子関係に原因があるんじゃないかな」とすっきり言い切られました。


まあ、そうなんですけど、私は面倒な環境で育ってるもので、必要な種類の愛情を、必要な時期に受け取れなかったことが形を変えて「食」から離れられないのだろうなと自分でも思っています。
私にとって「料理すること」「テーブル一杯の食事を用意すること」「ストレスが溜まると食に逃げたくなること」は愛情への飢餓の形を変えた表現なんだろうなぁと思ってます。



でもまあ、人間は本当のことを言われるのが一番傷つくものだから、見抜いてもそっと胸に秘めておいて欲しかったですが(笑)
「あなたねー、そうやって核心をついてばかりいると奥さんに嫌われるよ?」と申しましたら、「もう既に嫌われてる」と言ってました。

やっぱりw


なんでも真実を言えばいいってもんじゃないものね。
わかっていて相手の傷を見ない振りをするのも大人の対応かと。
ま、本人も「奥さんにひと言多いとよく叱られる」と言ってました(笑)


======================


私にとって糖質を控えて健康を維持することは、そこが最終目標ではなく。
目標に向かって進んでいける体を手にいれる手段です。
たまに120歳まで生きるぞ!と言う発言を見ますが、人の手(息子とかお嫁さんとか)にお世話をかけるだけの長生きは、私は恐ろしいです。
何事もほどほどがいいのですが、思い通りにならないのが人生ですもんね。


========================



来月で糖質を控えた生活も4年目に入ります。
「糖質制限は2年以上は危険」というあの噂も私は当てはまらず。
血液検査の結果はいたって健康で、先日受けた脳のCTでも「血管に細かい梗塞も全く無くきれい」と言われました。
目も腎臓も無問題。



【今日の夕飯】
20130802_2.jpg
・梅きゅうり、翡翠ナスの蒸しもの、ヒジキの煮付け、おからのサラダ、カルビ、茹でアスパラ、トウモロコシ、だし巻き玉子



糖質制限を始めたばかりの方は、糖質が怖くて極力食べないようにしてストレスが溜まってるかもしれませんが、そのうち0か100かではなくて、自分の体を傷めない糖質との関わり方が、だんだんに見えてくると思います。
あ、楽に糖質をカットできる方はご自分のやり方で。



私は食後の運動をしないのなら、1回の食事で糖質は15gくらいまでなら大丈夫です。
50g程度摂ってしまうと、ゆるい運動(掃除とかウォーキングとか)を80分は必要になります。それが億劫なときは食べないようにしています。
外での食事で全く炭水化物に手をつけないわけにいかないこともあるんです、法事とか仕事上の食事とかお客様とのお食事とか。
お客様に自分の病気の話なんて絶対するわけにいきませんし。




インスリン注射になったら、きっと、意志の弱い私は「注射すれば血糖値が下がるし」って言い訳してお菓子やパンを食べてしまいそうで、そうなればどんな結果が待っているか見えるようです。
そんな意志が弱い私でも、糖質を控える食事は続いています。たまーに脱線しますが、HbA1cはこの3年間ずっと新基準で5.1~5.2くらいです。
甘いものが大好きな私でしたが、意志の強さをそれほど要求しない良い方法だと思っています。


スポンサーサイト

コメント

糖質制限への反論、あいかわらずありますね。
先日ラジオで、糖質制限を続けると
「血液が酸性に傾き続けるからよくない」
と医師がコメントしてました。
まるみさんの記事読んでホッとします。
頑張って続けたいです。

核心を付かれるとグサッときますよね。
その男性、本当に一言多いです^_^;

いつもおいしそうな写真に
心奪われます。
暑くても食欲不振なんてどこへやら(笑)

  • 2013-08-03 13:59
  • URL
  • マロン #-
  • Edit

◎マロンさん

そのラジオの人は多分、「肉を一杯食べても大丈夫」っていう部分だけを抜き出して批判しているのであって、実際に血液が酸性に傾いてる人をいっぱい診てるわけじゃないんですよね。糖質制限批判て、「こうなるぞ、いつかこんなことがおきるぞ」っていう話ばっかりで。噂ばっかりで実物が名乗り出ない。
「自分は糖質制限をきちんとやったらこんな害が出た」っていう人を見ないですよね。
まあ、そのうち「自分は糖質制限して10年目だが、健康状態は良好だぞ」っていう人がわんさか出てきて誰も何も言えなくなるから。

  • 2013-08-03 14:31
  • URL
  • まるみ #-
  • Edit

まるみさん!なるほどです!
そうだ!糖質制限の批判する人から、
具体的な話が出てきた事がないですね。
「患者さんでこんな症例が…」
とかないですね。

こうなるんじゃないか?って云う
予想論ばかりです。
気がつかなかったです。
ありがとうございました*\(^o^)/*
  • 2013-08-04 10:30
  • URL
  • マロン #ji99DT3o
  • Edit

◎マロンさん

せいぜい聞くのが「筋肉が痩せた」っていう人がいるくらいですが、主食を抜いてトータルのカロリーが足りなくて落ちた場合を「糖質を減らしたら筋肉が落ちた」って言ってる人しか私は知らないです。
まあ、いやな人は糖質制限しなければいい話で、ヒステリックに批判してる人が不思議でならないです。放置しときましょw

  • 2013-08-04 13:00
  • URL
  • まるみ #-
  • Edit

まるみさんこんばんは
娘の学校生活のバタバタにつられて
少しモチベーションが下がり気味で
その後ろめたさのような物から
自分のブログだけでなく、糖尿病全般のブログもシャットアウトして過ごしていました。
糖質制限と食後の運動はかろうじて頑張っていましたが
なんだか、色々と不安になり
まるみさんのブログをみにきました。
誰にも言えなかった不安がふっと軽くなりました。
勝手になついて勝手に安心したり
気持ち悪い奴ですみません
明日、検診行って緩んだ気持ちをひきしめていきたいので、またまたよろしくお願いします
  • 2013-08-04 23:19
  • URL
  • ちっぷ #oely/y8c
  • Edit

◎ちっぷさん

私も、息子の病気疑惑(疑いは晴れました)、私の母の病気発覚、義姉とのトラブルと、もう疲れてしまってブログを更新する気力がなくなってます。
そのうちまた元気になると思うけど、なーんにも考えないで料理して食べて暮らしてたころが懐かしいですよ。
気長にいきましょう、お互いに。
なんにしても嫌になったら休むこともありですよ。いいのいいの、またやれるときにやればいいよ。
のんびりいきましょう。
  • 2013-08-05 10:12
  • URL
  • まるみ #-
  • Edit

いいなあ5.2

私なんかずっと5.9-6.0です。
でも、新基準だから満足してます。
朝食前が毎回130くらいだし、昼食後も180前後。
夕食後だけ大酒のおかげで120前後です。

ま、いいんです。長く続けられる方法が一番っす(´・ω・`)
  • 2013-08-05 15:03
  • URL
  • のぶさん #-
  • Edit

◎のぶさん

私も不思議で、他の人みたいに血糖値80台とか全然出ない(低くて100くらい)のになんでですかね。食後のピークになりそうなときのエアスケが効いてるんですかね?
てか、常々出先ののぶさんの写真、通りすがりの人に撮って貰ってるにしてはアングルの傾向とか切り取り方がいつも同じだよねえと思ってましたが、あの右手の写真でわかりました。
あ、そういうことでしたかってw
  • 2013-08-05 16:40
  • URL
  • まるみ #-
  • Edit

なんてキレイなだし巻き玉子!!
まるまさんのお料理は チマチマご飯にしても、パンやスイーツのレシピにしても、食べる人を幸せにするためにあるんだなぁと 画面から感じます。

私は 今まさに 何をどれだけ食べればいいのか 迷子の真っ最中(T▽T)
色々な本やら雑誌やら読みすぎて、いったい何を食べればいいの!?って感じです…
  • 2013-08-05 20:31
  • URL
  • ゆっきー #-
  • Edit

◎ゆっきーさん

ほめてくれてありがとうございます(T▽T)
きれいなやつだけ写してるからですw
で、何をどれだけ食べたらいいのか、そのうちわかりますから、落ち込まないでくださいね。
量に関しては「高尾病院の糖質制限給食」っていう本を見るとわかりやすいですよ。
レシピも簡単なものが多いし。。
  • 2013-08-05 23:34
  • URL
  • まるみ #-
  • Edit

『糖質制限給食』、糖尿とガンが発覚した時、一番最初に買った本です(^o^)v
パニクった頭の中で、とりあえず自分にできることは食事の見直しくらいしか思い付かなくてf(^_^;
写真を見ながら『こんなに食べていいんだ!!』って感動しました…そして量らないゆるゆるカーボカウントのスタート( ̄∇ ̄*)ゞ
…いや、そこで量らないとダメだったんでしょうが…

発覚時8.7(新基準)、入院直前5.7で、今月は5.8でした。
毎日一万歩以上歩いても 筋トレしても 朝食前は120~130、昼も夜も二桁は滅多に見られません。これが今の私の耐糖能の限界なのか、量らないのが悪いのか、恐らく両方なんでしょうね。
でも 諦めるわけにもいきませんから、気持ちをリセットして続けます!まるみさんに教えて頂いた、大事な教訓ですm(__)m
  • 2013-08-06 16:28
  • URL
  • ゆっきー #-
  • Edit

◎ゆっきーさん

あ、お持ちだったんですね、その本。失礼しました。
空腹時血糖値を下げるって、難しいと言われるのは、肝臓での糖新生も絡んでくるからですかね。
私は「グーッ」ってなるまでおなかを空かせると90台になるんですが、それを通り越して空腹だとジワジワ血糖値が上がって130くらいまでは上がります。
あまり厳しく考えるといやになっちゃうから、気を長くして一緒にやっていきましょー。
私もしばらく前になんだか腹が立つことが多くてガンガン食べてたらてきめんに皮膚に出ました。
でも糖質を控えたら腫れた場所もスッと収まるんです。これがからだに悪いわけが無いって思いました。
気を長く、楽しくいきましょう。
わたしね、ときどきゆっきーさんは今日はどうしてるかなぁって思いだします。
病気は体だけじゃなくて心にもダメージを与えますよね・・・。なのにコメントは前向きで明るくて、私、いつも見習おうって思ってます。
どうかこれからもよろしくお願いしますね。
何のお役にも立てませんが、ゆっきーさんの体調が良くなりますようにと、思い出すたびに祈ってます。
  • 2013-08-06 16:53
  • URL
  • まるみ #-
  • Edit

ありがとうございます(T▽T)

実は 先週から母のことで物凄く精神的に落ち込んでて こちらの前の記事にコメントする気力も出せずにいました。
でも、まるみさんの記事に力を頂けたので またコメントしてみました。
こんな愚痴っぽい私を気にかけて下さってたなんて 本当にありがたいです。

まるみさんのブログ、私の心の支えです!
こちらこそ これからもしょーもない長文コメントしちゃうと思いますが よろしくお願いしますm(__)m
  • 2013-08-06 21:56
  • URL
  • ゆっきー #-
  • Edit

◎ゆっきーさん

身近な人が治らないかもしれない病気になるって、看病が大変とかお世話が大変とかいう以前に、言いようの無い絶望っていうのがありますよね。
私の母は今のところ見た目は全く変わらないんですが、夫のときのことを思うと、悪くなりだしたら一気に悪くなるんだって知ってしまったので、心が晴れることがないです。
ゆっきーさんは何か生き抜きしてますか。
私はひたすら天然温泉のスーパー銭湯ですね。
温泉でぼーっとしてるときだけが心が解放されてる感じです。
コメントをいつもありがとうございます。うれしいです。
  • 2013-08-07 09:25
  • URL
  • まるみ #-
  • Edit

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

**千客万来**

検索フォーム

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。