スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

AGEを溜めないために

20130723_3.jpg
前回買ったこの本、線を引きながら真剣に読んでみましたよ。


この本は日本で初めてAGEについて一般向けに書かれた本だそうです。


この本を読むと、AGEがどれだけ恐ろしいか思い知らされます。
ネットで集めることが出来る情報は、途中をはしょって結論だけのことが多いので、今までわかりにくかった部分が細かく理解できました。
血糖値管理の視点で勉強になったことを抜粋すると、


【AGEとは】
・全身の細胞にとりつくことが出来、とりつくと周りの細胞もふくめて害を及ぼすようになる。
・たんぱく質と糖が結びついたたんぱく質の最終形。ここまでくると、もう元のたんぱく質に戻ることはない。
・HbA1c(糖化の途中)の10%はAGEに変化する。
食べ物に含まれるAGEの7%は体内に蓄積すると思われる。
・体内で産生されるAGEの量=血糖値の高さ×時間



【AGEの多い食事(体外から入るAGE)】
★高温で調理したり油で揚げてあるもの。
・電子レンジで数回または10分以上加熱をしたもの。
・長い時間保温されたもの
・酸化の進んだ干物
・レトルト加工された肉類
・ハンバーガー、フライドポテトなどのファーストフード
・ベーコン、ステーキ、直火焼きの肉類

◎全てを避けようとするのは無理なのでバランス良く、揚げ物などに偏った食事をしないようにすることが大切



【高温で乾燥させてるタバコの葉、その煙にはAGEが多い】
・禁煙してもHbA1cを下げてもすぐにはその害がチャラにはならないのは、それまでに蓄積したAGEが体内に残ってる間は悪影響を及ぼし続けるため。




【果糖(フルクトース)はブドウ糖の10倍の速さでたんぱく質を糖化させる】
・この果糖とブドウ糖を1:1で混ぜたものがいわゆる「お砂糖」
・フルクトースには依存性がある
・果糖ブドウ糖液、ブドウ糖果糖液、コーンシロップなどをなるべく避ける



【AGEを溜めないために】
・血糖値を上げない。
・野菜やネバネバ系、海草などを先に食べる
・できるだけ食後に体を動かす
・AGEを減らす食事を3ヶ月続けると30~40%も体内のAGEが減る



【激しい運動は血管に悪影響も】
・何年にも渡って高血糖によるAGEで血管壁が傷んでる人は、激しい運動は危険。
・週に1回激しい運動よりも毎日の穏やかな運動がおすすめ




【AGEが具体的に体のどこでどう悪影響を与えるのか】
*これはぜひ本書を読んで欲しいです。
 もうね、血糖値を上げることがどれだけ怖いか具体的にヒシヒシと思い知らされるのです。

*骨粗しょう症、アルツハイマー、認知症、動脈硬化、非アルコール性脂肪肝肝炎、シミ、シワ、白内障、腎症、網膜症、がん、等々とAGEがどう関わっているのか、わかりやすく書いてあります。


AGEを溜め込む=老化=万病の素であることがよくわかります。



【AGEを取り込ませないために】
・AGEの吸着率にすぐれているのはキチン(64.3%)キトサン(28.8%)
・参考までにセルロースで2.3%小麦ふすま0%
・グルコシダーゼ阻害物質、スタチンも効果あり。



一番具体的にページを割いて書かれているAGEの悪行の数々、なるほど!とその仕組みがわかりやすく書いてあって勉強になりました。



皮膚は28日で入れ替わり、赤血球は120日、骨は年単位で入れ替わるが、眼球の水晶体は一生入れ替わらないのでAGEが蓄積し続ける。
蓄積する量、場所、ダメージの出る場所は個人差と他の要因によって変わってくる。


とくに血管壁がAGEによってどうダメージを受けるのか、その仕組みがわかりやすく詳しく書かれていました。



食後血糖値の管理に慣れてきて億劫になりがちな糖質制限2年目3年目くらいの人や、AGEってなに?と興味のある方は是非。
また食事と運動をきちんとしようって気持ちになる本ですよ。



買って良かった一冊でした。



スポンサーサイト

コメント

こんにちは。

 最近読んだ本で 『老けない人はやめている/オーガスト・ハーゲスハイマー 』にも同じようなことが書いてありました。(題名も似てますね)

AGEについても、自分自身 思い当たる節があります。
こちらの本も面白そうですね、図書館にあったので予約してきました。

オーガストさんの本の中で私が「そうかも・・」と思ったのは、大豆の摂りすぎが、ホルモンバランスの乱れにもつながる。というところ。
毎日豆乳をコップ2杯飲んでいたら、生理周期が崩れたという実験結果もあるとのこと。
私自身は豆乳は飲んでいませんが、とうふを摂りすぎているのかも・・糖質制限を始めて35日前後だった周期が、28日になったのを不思議に思っていたので、、

豆乳にしても、果物にしても 良いと思っていたことを違うよといわれるのは衝撃です。「なんじゃそりゃ」ってなります。

自分自身でいろいろ人体実験していくしかないんですかね。

まるみさん、いつもブログ読ませていただいてます、面白情報ありがとうございます。

  • 2013-07-29 16:30
  • URL
  • かず #-
  • Edit

◎かずさん

果物に果糖は、少量食べるならビタミンやミネラル、ポリフェノールなどの利点もあるのですが、工業的に作られたフルクトースコーンシロップ(ブドウ糖果糖液や果糖ブドウ糖液)はどうやら相当たちが悪いようです。
かずさんが読んだ本も、読んでみようと思います。図書館にあるかなあ。
果糖って、インスリンを使わずに直接脂肪になるから糖尿病の場合便利だって言う話も読んだことがありましたが、AGEを作るスピードがブドウ糖の10倍と言われると果物はちょっと考えますね。甘い飲み物は論外としても。
コメントありがとうございました。
  • 2013-07-29 16:57
  • URL
  • まるみ #-
  • Edit

おひさしぶりです

最近、糖質オフのレシピ本も出されている、糖尿病専門医の牧田先生の『肉もお酒も楽しんで糖尿病が良くなる 』もおススメです。

これを読んで揚げ物とか怖くなりました。コーヒーは今だ止めれずですけど(-_-;)

この本はAGEについてはもちろん、血糖値のデータもたくさん載っています。あと糖尿病の人はこんな検査をしたらよいなど。

タイトルから言って江部先生と同じ様な本かと思いましたが、切り口が違いますしとても勉強になりました。
  • 2013-07-29 17:58
  • URL
  • おみ #-
  • Edit

◎おみさん

牧田先生の本、一度読んでみたいと思っていたところです。
あと、通院先も牧田先生のところに変えたいなあと思いつつ踏み出せず(遠いから)
こんど買って読んでみますね。教えてくださってありがとうございます。
揚げ物はやっぱりまずいんですよね、わかってるんだけどついつい食べてしまってました。
切り口の違うところ、楽しみに読んでみます。
教えてくださってありがとうございます♪
  • 2013-07-29 18:09
  • URL
  • まるみ #-
  • Edit

揚げ物食べちゃってます…

まるみさん こんばんは。牧田先生の本は、読んだのに、血糖値を上げないことばかりに気がいってましたー。血糖値上げないものなら大丈夫だよねーみたいな。糖質制限にちょっと慣れてきた…まさに私でーすって手をあげたいくらいです。(⌒-⌒; ) AGEのこと、ちょっと忘れかけてたので気が引き締まりましたよ。もう一度、本読みかえさなきゃです、私。
それにしても、こんな重要事項 何故にあまり世の中に浸透しないんでしょうね。。。
  • 2013-07-29 20:34
  • URL
  • ちは #amXlFcx2
  • Edit

◎ちはさん

私もです私も私も。
揚げ物、フライパンでの焼き肉、売ってる焼き鳥。食べまくり。
ああ、もう、ですよ。
多少は足しになるだろうから、私、キチンキトサン、買って飲もうかと思ってます。
AGEの量が老化のスピードを決めると言っても過言ではないってこと、この本を読むとすごくわかります。
紫外線を気にしてるんなら揚げ物食べるなよって、自分につっこみ入れました(汗)
なんで世間ではAGEの研究が進まないのかなって考えましたが、命に直結してないのと、薬でどうこうできないから利益が絡まないと研究が進みにくいってのもあるのかもしれませんよ。
  • 2013-07-29 21:48
  • URL
  • まるみ #-
  • Edit

こんにちは

まるみさんこんにちは!
久々におじゃましました。AGEは初めて聞きました、また勉強になりました。
怖いですね。自分のがどんなか知りたいです。

最近糖質管理を緩めていて、またしめて行かねばと思っています。
酒も自宅では解禁し楽しんでしまっていて。

最近の料理の写真素敵ですね。
小鉢が沢山あって色々食べるの楽しそうです。
またおじゃましまーす。

  • 2013-08-01 10:19
  • URL
  • Papa #TY.N/4k.
  • Edit

◎Papaさん

ご無沙汰しております。
バタバタしていてパソコンの前に座る時間が激減してまして。
AGEを意識して食べるものを選択すると、生もの、ゆでたもの、煮たものが増えました。
でも、その程度の小さな積み重ねがきっとだいじなんでしょうね。
私は糖質制限を始めてからお酒を飲むようになりました。
一緒に糖質を摂らなければ問題ないような気がします。
  • 2013-08-01 14:00
  • URL
  • まるみ #-
  • Edit

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

**千客万来**

検索フォーム

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。