スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今年も終わり。

20131231_3.jpg 20131231_4.jpg
昨日と今朝の朝いちの血糖値。
ずっと110から120台が続いてた時期もあって、そのあとは110台が2年ほど続いたけど、この一年はこんな感じ。




20131231_5.jpg
最近とってもはまってるのが、新しょうがのさっと煮。
つねづね肉と一緒に煮て味がしみしみのしょうがが美味しいなぁと思ってたんですけど、しょうがだけ煮ても美味しかったです。
お寿司屋さんのガリが好きな人は好きだと思う。




20131231_6.jpg
しょうが3袋(300g)を皮ごとスライスして、水30g、しょうゆ35g、ラカントS60gとで蓋をしてシナッとなるまで煮ただけです。



牛肉か鶏肉を少し入れたほうが美味しいけど、冷めたときに脂が白く浮くのがいやなのでしょうがだけで煮て、汁をきって(ここがだいじ)、お茶と一緒に少しずつ食べてます。




しょうがって漢方薬の7割には入ってるくらい体にいいですし、繊維が豊富なので繊維は回りまわって血糖値を下げてくれますし糖質は低いし(糖質4.5g/100g)。
薄味なのでこれだけでも美味しくいただけますよ。
お魚や肉を料理するときに入れても使えるので便利です。





こつこつと小掃除をしてきて、だいぶきれいになったダイニング。

20131231_1.jpg


なのに翌日にはこんな・・・
勉強コーナーになってました。


20131231_2.jpg

「ドーナツは炭水化物と油しかないよ」
「いいんだよ俺は、運動どれだけしてると思ってんだよ」

そんなやりとりしてたらご近所の奥様からお餅が届きました。(写真手前)
つきたてやわやわ。



でもすでに大阪のバイク仲間から杵つきの紅白のお餅が2枚も届いてるのにどうしよう。
しばらく悩んで金髪ママさんとこにプレゼントしました。
我が家は誰もお餅を喜ばないし。


年越し蕎麦、ひっさびさに天ぷらを自分で揚げて私は海老天と豆腐干糸とふつうのそばつゆで食べました。
一緒にいただきますをしたので写真を撮り忘れちゃったよ。





今年一年、このブログのおかげで楽しかったです。
また来年もよろしくお願いします。
たくさんの閲覧とコメントをありがとうございました。
ほんとうにうれしかったです。

スポンサーサイト

お医者さんの糖質制限(1)

起床時の室温が15度以下あたりから血糖値自己測定器の出す数値が低めに出るので(私の経験だと10度以下で若干低く、5度以下だとはっきり実際と相違が出てきます)、SMBGなさってる方はそれを頭に入れて部屋が暖まって機器も温まって、自分の指先も温まった状態で計測されることをおすすめします。


冷えた部屋に置いてある機器で冷たい指先から血を採って測ると指先をお湯で温めて機械も温めた時より20くらいは低く出ますし、冬場、外で「もうそろそろ食後1時間だなー」って思ってウォーキング中に気温5度くらいの外で測るとピークのはずなのに60台が出たりするんです。


現在の血糖値自己測定機はほとんどが電極法という方法を使っていて低温化では数字が小さくなるそうで、悪条件下で測って「最近は血糖値の調子がいい」と勘違いされませんように。


【夕飯】
20131229_1.jpg
お刺身盛り合わせ、大豆粉パン、豚肉の他人丼の具、野菜とソーセージと卵の塩ちゃんこ鍋。
*ついに一人用土鍋を買いました。おひとりさまの夕食に慣れてきたんです。



--------------------------------


以前から(この先生、面白いわぁ)って繰り返し読んでるサイトがあります。

納光弘先生のホームページで、納先生は「患者の立場での糖尿病臨床研究」というコーナーで、とても興味深い実験をなさってます。



とてもお茶目な先生で、「酒を飲んだほうが血糖値は下がるのか」という実験では、先生、「どうせアルコールの実験をするのならとっておきの焼酎でやるのだ」とおっしゃって、とっておきの森伊蔵や魔王にブドウ糖が75g入ってるトレーランGを混ぜて飲んでは血糖値を測ったりなさってるのが微笑ましかったです。



いろいろな実験をご自分や病院の患者さんの同意を得て重ね(健康人26名の5時間糖負荷試験の驚きの結果)、結論が「私は糖質制限食をすすめる」というものでした。




いわゆる健康診断では引っかからない「健康」の診断を下されてる人でも実は食後血糖値が跳ね上がっていて知らず知らずに動脈硬化を進ませている率が相当あるのもわかりますよ。




途中の実験は素人には難しい箇所もあるのですが、難しい箇所を飛ばし読みしても尚、面白いのでお時間のある方はぜひ読んでみてください。

今日の三食と玄関の花

【今朝の血糖値】
20131227_1.jpg

昨日の昼に普通のムースをセブンイレブンで買って食べたんだけど、微妙に翌日に反映するように思います。


今年は「クリスマスだから子供たちに」と言い訳して普通のケーキを買って結局自分が一番多く食べるって言う愚を犯さぬように、クリスマスの夜は友人と近所に飲みに行き、ケーキ1ホールを少しずつ完食するという堕落の一歩を踏み出さずに済みました。




【朝ごはん】
20131227_2.jpg
グリーンカレースープには手羽元を入れたのですが、水煮をストーブの上でコトコトやってたら全部身が骨から剥がれて繊維みたいになってました。




【昼ごはん】
20131227_3.jpg
年末の小掃除しながら小ぶりなスルメ2枚(食べすぎかw)と黒ゴマ味噌ピー。
「えっ、味噌ピーは水飴だし砂糖だし味噌だし、ダメなんじゃないの?」って思う人もいらっしゃるでしょうけど、そうでもないの。




【30gってこのぐらい】
20131227_4.jpg
この味噌ピーは炭水化物が100g中42gなので30gだと12.6gで、血糖値の上昇は12.6×3=37.8なんです。
他に糖質を食べなければ私の中ではこのぐらいなら十分OKなんです。
低糖質だからスルメなんじゃなくてスルメが食べたかったからこの時とばかりに好物かつ高糖質の味噌ピーを食べて帳尻を合わせたんです。




【夜ごはん】
20131227_5.jpg
・ターツァイの塩炒め、ニラ玉、自作のグリーンカレースープ、焼きシイタケ、タラコの煮付け、大豆粉パン。

おなかいっぱい。


--------------------------------------



今日は門の前に置く花を入れ替えました。
花の盛りを過ぎたペチュニアを引っ込めて切り詰め、新しくパンジーの寄せ植えとお正月らしi葉牡丹を置きました。



「家の中に問題がある家は家の周りに捨てるべきガラクタやゴミが置いてあって心の余裕の無さがむき出しになってるものだ」と叔母が言ってた事がありました。
叔母の言葉は「人の目を気にしろ」というよりも自らを省みる手立てとしなさい、という意味だと思うんです。たしかに昔、私の心が疲れ果てているときは我が家は花を飾るどころか草ボウボウでしたっけ。



(確かにそうかも!)と思って以来、玄関の前には常に花を絶やさずに、花がらはこまめに摘んで、盛りが過ぎたら入れ替えるように気をつけています。



植物の世話を焼くという行為が心の落ち着きを呼んでくれますし、家に出入りするたびにきれいな花を見られるってことが少しずつ少しずつ私の心をやわらかくしてくれるんですよ。

コーヒー

20131226_1.jpg
コーヒー豆をゴリゴリ挽いて、ペーパーフィルターやネルのフィルターで自分のためにあれこれ工夫をしてコーヒーを淹れるのが好きです。



コーヒーは1日1杯か2杯も飲めば十分で、大好きってわけじゃないけど毎日飲みたい、その程度。
コーヒーは利尿作用があるから良くない、とか
焙煎していてAGEが含まれてるから良くない、とか
いいやコーヒーのAGEは悪さをしないタイプなのだ、とか
コーヒーに含まれるポリフェノールが体にいいのだ、とか
コーヒーはインスリンの分泌を抑制するから癌を抑制する、とか
インスリンの出が悪くなるんだから2型の人は飲まないほうがいいとか


コーヒーだけでも諸説ありますよね。
そして「これが正しい」っていう正解はないと思ってます。




毒キノコやフグの内臓でもない限り、食べ物だからいろんなプラスマイナスがあるわけで。
その人の体の耐性や能力ってそれぞれだから。
てことで私はコーヒーを淹れたいし飲みたいから1日1~2杯は飲みます。
長生きしたいから体に悪いコーヒーは飲まない、という人がいればなるほどと思うだけ。
言い争いなんてばかばかしい。




私は血糖値の管理が楽にできるから糖質を控えてるけど、極限まで糖質を食卓から取り除いて肉魚と青菜だけ食べていればもっと血糖値が下がると言われてもそれは私にはつらすぎるから出来ないです。


薬を組み合わせて飲めば楽に病気を押さえ込めるという意見も有りますが、そう思う人はそうすればいいけど私は薬を飲んでまでラーメンやお寿司を食べたいとは思わないですし、薬を飲み続けるくらいなら食べない方が気が楽なんです。
何事も人それぞれ。



まあ、糖質制限(私はカーボカウントなんだけど)は、やってみればわかりますよね。
最初の数ヶ月だけでもきちんと血糖値を計ってみれば、血糖値の管理が楽で簡単だとみんながわかるからこそ広がってるわけで。
「長期に糖質を制限してると余計体の状態が悪くなる」って理屈も嘘だってこと、そろそろ7年だ10年だと糖質制限してる先輩方が身をもって証明してくれてますし。



*(私の実行しているカーボカウントは糖質を極力避けるのではなくて一食15g程度なら糖質を摂ってもOKにしています。15gぐらいだと食後に運動を心がけなくても血糖値が150以上には上がらないからです。
食後に家事やウォーキングで動くときはもう少し糖質量を増やすことも結構有ります。
人によって基本の空腹時血糖値も食後の血糖値の上がり方も違いますから摂取できる糖質量は変わってきます。)




楽しく生きられないのなら闘病する意味がないからね。
出来ない人はやらなければいい。
続けられる人は続ければいい。
子供じゃない、いい年の大人がやってることです。
他人の食生活、他人の選択にケチをつける権利は誰にもないです。




いろんな意見があって迷う人もいるでしょうけれど、自分の体と自分の人生を築くのは、批判してくる他人じゃなくて自分ですから。何事も試してみたらいいと思うわ。



連休とチョコクリーム

連休、みなさんはどんなふうにお過ごしになられましたか。
私はおおむねご機嫌に楽しく過ごせました。



散らかす子供がいない家は、埃こそ出ますが片付け作業は減りますね。
それを(寂しい)と思えば気持ちも暗くなりますが(生まれた時間で何をしよう)と思えばわくわくしてきます。



20131223_1.jpg

連休中の友人が一緒に遊んでくれたので、まずは愛犬も連れて成田のさくらの山公園へ。
満足するまで目の前で飛び立つ旅客機を眺めました。
轟音をあげて空に飛び立つ大きな飛行機をずーっと眺めてると、心が軽やかに解放されます。




そのあと映画を観ました。「武士の献立」
上戸彩さんが好きなので、最後まで楽しく見ていられました。
心温まる場面では、あちこちから胸打たれて思わずもらい泣きしてる気配が。
あ、それは私もね(笑)



それはそれは手の込んだ美味しそうなお料理が山ほど出てきます。
当時の食材と調理器具であんなに素晴らしい料理が作られたんだなあって感心しました。
料理は道具じゃないのねと、道具さえ揃えばうまくいくような幻想を持ってしまう私、かなり反省しました。
腕と気持ちよね、料理は。



帰宅して、少しだけ残った牛乳でチョコクリームが作れないか試してみました。
チョコクリームなしの人生なんて考えられないのです。
ノーチョコクリーム、ノーライフ。



20131224_1.jpg


バターも生クリームも使わずに、牛乳(150ccくらい)・水でふやかしたゼラチンリーフ1枚・95%のカカオ効果(1箱)・ラカント(大さじ1杯半くらい)でできました。
ゼラチンを使うことで水(牛乳)と油(チョコ)を分離させずに濃厚なチョコクリームができました。
全部適当に混ぜたので重さを量ってなかったのですが、ゼラチンさえ使えばテキトーでも作れるもんだなあって感心しました。



味はもちろん生クリームとバターを使ってる方が奥深くコクのある美味しさなんですけど、カロリーはもう圧倒的にこちらが低いです。
チョコフリークの人で「コクより量」「味よりカロリー」を選ぶ場合はぜひお試しくださいな。
生クリームやバターを少しだけ足すという手もありますね。




クリスマスって、浄土宗(夫の一家)とか浄土真宗(実家)の私でもわくわくするわーw
今夜は愛犬連れて温泉行ってくるのです。クリスマスとぜんぜん関係ないけどね。
ご馳走はこの1週間は控えるのです。毎年クリスマスからお正月にかけて胃腸の具合をこじらせるから、今年こそは!!!
忍耐です。

**千客万来**

検索フォーム

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。