スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

久々にお弁当

【朝ごはん】
コーヒー、息子が食べなかった照り焼きチキンマヨパン(パンは少しだけ)、鳥ささみフライ。




【昼ごはん】
20140521_2.jpg
鳥ささみの青じそチーズ巻きフライ、インゲン胡麻だれ、ラディッシュ、玉子焼き、アンチョビとツナのトマトソース0g麺、セロリ。


【作り方(本日は暇だった)】
20140521_1.jpg
フライの衣づけをなんとか手抜きしたくてマヨネーズを塗っておから皮パン粉をつけて揚げてみました。無問題でした。たぶんヨーグルト塗っておから皮でもいけると思うくらい上出来でした。
チーズはチェダーチーズのスライスチーズが好きだなぁ。


【おやつ】
ガーナ80チョコ2本、職場で出されたパン2口



【夜ごはん】
20140521_3.jpg
肉豆腐、自作のカスピ海ヨーグルト&ブルーベリー、納豆(セロリと青じそと海苔佃煮)、ウイスキーのロック。


肉豆腐、料理本の通りに作ってしまうと味が濃くて無理な味覚になってしまいました。
料理本はごはんといっしょに食べることを想定してるから仕方ないんだけど、「うん、これでいい」と思う味だと料理本のようなこっくりした濃い色にはならないのが残念。


最近は自作するのに種として使ってるのがグリコのカスピ海ヨーグルト。
びっくりするほど酸味が無いです。とろーんとした粘り気が体に良さそう。
20140521_5.jpg
プレーンヨーグルトが苦手な私でも億劫にならずに食べられます。
といっても一回に80gぐらいだけなんだけども。


*本日の感想。
貰ったお弁当容器100個、使いきれるか自信がないです。
スポンサーサイト

竹の子の季節のお弁当

【朝ごはん】
20140430_1.jpg 20140430_2.jpg
カニ味噌が大好きなんですけど、カニ味噌って工場で澱粉を加える(それもたんまり)と知ってからは敬遠してました。でも、この缶詰は一缶で糖質3.5gでカニ肉も結構入ってました。
いやぁ、うまいね!カニ味噌。朝から飲みたくなるけど。





【昼ごはん】
20140430_3.jpg
竹の子煮、高野豆腐、おきゅうと酢味噌、キムチ、すき焼き。

夕べすき焼きでした。
すき焼き用の肉は長男と次男が食べつくしたので私はお徳用の和牛切り落としでお弁当。
竹の子をいただいたので煮付けました。
竹の子、ちゃんと下ゆでしてアクを抜いてありました。
ありがたいっ!





【夕飯】
20140430_4.jpg
おきゅうと酢味噌、竹の子のオリーブオイル焼き、ツナマヨソース、お刺身盛り合わせ、小松菜煮浸し、キムチ、冷奴のダシのせ。


赤身のお刺身は若干苦手ですが、こういうのは好きです。
竹の子うまいー。おきゅうとうまいー。
おきゅうと、「山口産」て書いてありました。
たしか成田生まれの友人がこういうのを家庭で作ってましたが「海草」って言ってた記憶が。(ひねりのないネーミングだなー)と思った覚えがあります。
海草関係はトコロテン以外はすべてワカメ昆布モズクヒジキ寒天メカブ、すべて好きです。





私の理想の食卓は「ばーさんがじーさんに作る食卓」みたいな食卓。
70歳を超えてなお自分のことは全部自分でこなし、三食作って畑仕事も犬の世話もブログも。
私は糖質だけは控えていますが、これからもこのお二人を見習って私なりに季節の恵みを食卓に載せていきたいです。

エスニックな海老そば

20140423_1.jpg
菜花の篠田巻き、ベビーホタテの甘辛煮、半熟玉子、海老シュウマイ、キュウリのナムル、エスニック海老そば。
糖質量は計算したら全部で11.7g。




20140423_2.jpg
「黄身がトロトロ流れるようなゆで玉子が食べたい」とリクエストされたのでお好みどおりに茹でましたが、私はあと2分くらい茹でたのが好きです。これは沸騰してるところに冷たい卵を入れて6分。




20140423_3.jpg
卵の空気室に画鋲で穴を開けて、空気室を上にして茹でると黄身が真ん中に来て便利。
卵を入れてる道具はAmazonで買った「温泉たまご器たま5ちゃん」のもの。ゆで玉子でも、たま5ちゃん大活躍。




20140434_4.jpg
海老シュウマイはAjinomotoの冷凍です。糖質は1個2.1g。何度か血糖値を計りましたが、私の体では書いてある通りの血糖値上昇なのでシュウマイ好きなので結構よく食べます。
キュウリのナムルは塩を振って出てきた水分を捨ててから麺つゆとごま油で和えました。





20140423_5.jpg
ニンニクのみじん切りと海老を炒めから麺を加えて、味付けはほんの少しのナンプラーとウェイパー小さじ1とお醤油少々で。糖質0g麺をチンして出た水を捨ててから炒めるとお弁当でも水っぽくなりませんでした。
ウェイパーは100gあたり18gの糖質で、今回使った小さじ1杯(2g)なら私は気にしてないです。
ウェイパーは味付けに失敗しないから便利。



-----------------------------------------



20140423_6.jpg
朝ごはんに自作のパン。昨日インドカレー屋さんで買ったキーマカレーを温めて入れてみました。


自分で焼いたパンは糖質量の点で安心ですが、忙しいときは焼くのが面倒。
出かける用事があったので、ついでに遠回りしてシャトレーゼに行ったら前回は冷凍ショーケースに並んでいた「やさしい糖質生活」シリーズがアイスクリームを除いて並んでいませんでした。
お店の方に聞いたら「倉庫を見て在庫があるものは」ということで少しだけ買うことができましたが、「できればご予約していただけると」ということでした。
買う側からすると、ほかの商品と同じようにいつでも手軽に並んでるところから買えるようにしてほしいのです。


「特別な手間をかけなきゃ手に入れられない特別な食べ物」「そういう手間のかかるものを食べなきゃならない私」っていうイメージを払拭してこそ売り上げが伸びると思うんです。
0g麺がたいそう人気なのは「スーパーで普通に棚から買える」ってこともあるはず。





---------------------------------



町内会の役員を引き受けたらほかの方々(みんな私の親世代)とお話したりお食事したりする機会が増えました。
前回役員をやったときに私ぐらいの年代だったみなさんが今はすっかりお年をめされて、そのみなさんが「年をとったら必要なのは健康とお金」って真顔で断言するのがリアリティありすぎて怖いです。
そして打ち合わせという名のお茶会お食事会がたくさんあります。お茶菓子がねぇ・・・(悩)
「八重桜を観る会」無事終了。次は「夏のバス旅行」のアンケート・企画・実行です。






ココナツオイルとオリーブオイルは。

20140417_1.jpg
今日のおかずは・・・
肉そぼろと青ネギ入りの卯の花、鯖の味噌煮、ミニトマト、蒸し黄ズッキーニのオリーブオイル和え、鳥胸肉と玉ねぎのココナツオイル炒め。



厚さを揃えてひと口サイズに切った胸肉をたっぷりのココナツオイルで炒めてクレイジーソルトをかけただけなんですが、これがなんともいえず風味がいいです。シンプルに鶏肉の美味しさを味わえます。


****************************


おからを消費したくて主食にしていたら、おなか周りが少し減りました。
そうよねえ、おからだものねえ。痩せるわそりゃ。
eicoさんがおからでチャーハンみたいにしてるのを見てやってみたら、簡単で美味しかったです。


去年ぐらいから使うようになったココナツオイル。

20140417_2.jpg
これはココナツの香りがしますけど、匂いが苦手な人には、カルディには匂いのごく少ないココナツオイルも売ってるそうですよ。黄色い縦長のボトル入りで。



ルバーブさんのブログでもココナッツオイルの様々な長所を教えてもらって、こまめに使うようにしたのです。
ココナッツオイルはこのサイトによると、中鎖脂肪酸で構成されているので吸収されたあとの体内での移動のルートが他の油とは違うそうで、長鎖脂肪酸よりも4倍吸収されやすく10倍燃えやすいのだそうな。
そして92%が飽和脂肪酸なので、酸化に強く安定してるそうです。
グラフを見るとバターよりもずーっと安定してそう。




そしてココナツオイルの脂肪酸の内訳は、おおまかに、ラウリン酸50%、ミリスチン酸15~20%、パルチミン酸が10%ですが、名古屋大学のこの研究報告を読んだら、オリーブオイルに多く含まれる長鎖脂肪酸のオレイン酸とココナツオイルに含まれる中鎖脂肪酸のラウリン酸などを組み合わせると、17ページに書いてあるように「強力にがん細胞を死滅させることができる」のだそうで。



これを読んで以来、効果を期待してオリーブオイルとココナツオイルを一緒の食卓に乗せるようにしているのですが、さあ、結果やいかに!って、それはこれをずっと続けた先ですね。



****************************************



町内会の役員さんが体調不良なので私が前倒しの形で役員になったのですが、引き継いだ資料が全部手書きの大学ノートで、それを見ながら(お名前や数字に間違えがあったら大変)と真剣になんどもチェックしながらパソコンに入れてたら肩がこってクラクラ中。

おからパウダーを使い切る

20140415_1.jpg
五目卯の花稲荷、豚コマ団子のチリソース、小松菜の煮浸し、九条ネギ入り玉子焼き、海老とブロッコリーのサラダ。
今回は少し量を減らしました。



20140415_6.jpg
おやつは同じくおからパウダー蒸しパンと抹茶生クリーム。生クリームも早く使わなきゃならなかったから(笑)



この前のおからパウダーのコロッケと今回の卯の花稲荷、蒸しパン。
おからパウダーを続けて使っているのは、ネット通販するときになんとなく微粒子のおからパウダーを買っていたら使わないまま溜まってしまったから(^^;)
使わないと無駄になっちゃうものね。



20140415_3.jpg


お稲荷さんの皮は、みすずさんの出来合いのものを汁を絞り水で軽く茹でなおして使っています。それでも十分味はついていますし、中身に味がついているので美味しくいただけました。
中身にはやはり買って活用できなかった(期限切れの)こんにゃく米と野菜とおからパウダーを使いました。



20140415_2.jpg
おからパウダーがこんにゃく米から出る水分を吸うのでまとまりがでましたけど、もうお米に飢えてはいないのでこの先こんにゃく米は買わない気がします。
稲荷寿司(というより煮た油揚げ)が好きなので、なにかいい具になる食材はないなかと探しているところです。カリフラワーは食感がいいんだけど、やたら高価なので旬のときに使うようにしているんですが。




主食にしてどんどん消費するべく、おからパウダーに鯖缶&青ネギ、鮭缶&パセリ、ツナ缶&玉ねぎ、カニ缶&牛乳、イワシ缶&ショウガ、小エビ&ブロッコリー、ゆで卵&豆乳ホワイトソース、肉そぼろ&青菜等々とどれにも卵を混ぜておから皮をまぶして揚げ焼きしたり、チャーハンみたいに炒めて食べてますけど、飽きないです。



*****************************



友人の料理教室のお手伝いが忙しくなったのと、週3回のパートと、ご近所の方に頼まれて少しだけ以前の仕事をしたり,
愛犬と満開の桜を追いかけて100km北上したりしています。町内会の役員も高齢化の余波で3年前倒しで引き受けることになりました・・・(これ、この先も繰り返される気がして不安)
私の街はもう八重桜が満開ですが、50km北ではきれいな桜吹雪で、100km北ではソメイヨシノが満開でした。もっと北へ北へと泊りがけで満開の桜を追いかけたくて、いま、とても悩んでいるところです。
そんなこんなでしばらく慌しい生活なので老犬との時間を確保する意味で新しい生活リズムに慣れるまでコメント欄はおやすみしてます。

**千客万来**

検索フォーム

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。