スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

かんたん手作り!ローカーボ生チョコ

20130201_1.jpg
生チョコって、ほんとに簡単に手作りできます。
売ってるのは高価だけど自作なら低価格低糖質なうえに高品質。



【材料とカロリーと糖質】(3.3cm×3.3cm×0.7mmくらいを36枚)

20140201_2.jpg
カカオバター120g(1061-0)
純ココア80g(217-14.8)
ラカントS20g
シュガーカット(液)35g(49-20.7)
45%生クリーム200ml (863-4.4)
-------------------------------
総カロリー2190kcal 総糖質39.9g

 1枚61kcal 糖質1.1g

*私は途中でダークラムを15g加えました。


カカオバター200gはイオンに入ってるカルディで買いました。
案外カロリーはたいしたことなかったです。
大きく切ったので、一度に2枚も食べればもう大満足ですから。


【作り方】

60度ぐらいのお湯をわかしてカカオバターを湯煎します。


20140201_3.jpg
金属のボールに細かくしたカカオバターを入れて完全に溶かします。
そのさい、カカオバターの温度は45度以下で。
実験したら、60度で火を消して作業するとカカオバターは45度にはなりませんでしたけど、気をつけて。


20140201_4.jpg



溶かしたカカオバターに無糖のココアを80g入れてゴムベラで混ぜる。

20140201_5.jpg

味見しながらお好みの甘味料、ラム酒やブランデーを加える。
ココアが完全に溶けたら室温(20度くらい)にした生クリームを少しずつ加える。


20140201_6.jpg

私は5回に分けて丁寧に混ぜました。
途中でチョコが冷えて混ぜにくくなったら少しだけ火をつけてお湯を温めてください。


生クリームを混ぜたあと、ブツブツした分離っぽい感じになっても慌てずに。
その時は湯煎からおろしてグルグル混ぜ続けると急にツヤのある滑らかなチョコになります。
20140201_7.jpg




ラップを敷いた平たい入れ物に流し込んで冷凍庫で1時間冷やします。
20140201_8.jpg



20140201_9.jpg
1時間冷やすとナイフで切りやすいです。
30分だと刃に張り付いちゃって形が歪んじゃって難しくて無理でした。
切り分けた後は冷蔵庫で保存すると翌日には売り物と同じぐらいの硬さに落ち着きます。




20130201_1.jpg
お好きな大きさに切り、ココアなどお好きなものをまぶして。
プレゼントするときは保冷剤が必要ですよ。
お口に入れたらひんやりと滑らかにとろけて、豊かなコクと香りがお口にあふれます。




噂では生クリームの代わりに牛乳や豆乳でもできると聞きましたが、分離して失敗したら怖いので試せませんでした。
それにしても脂肪分の低い生クリームを選ぶべきでしたけども。
とても柔らかい生チョコなのでココアパウダーをまぶすことをお勧めします。
硬さがほしいときは生クリームの量を減らしてください。




スーパーで売ってるチョコは、ほぼ100%近くの商品に植物油が入っているのですが、それがどんな植物油なのかわからないのが・・・。もう炎症を促すタイプの植物油は体に入れたくないなーと思うのです。



*豆知識---カカオバターの主成分、ステアリン酸は吸収率が低く、かつ血中コレステロールを下げる作用もあるそうです。市販のチョコの問題は精製された砂糖。砂糖は炎症を強く促しますから



---------------------------------------


こういうレシピを考えるときは「生クリームを残さず使い切る」ことから逆算して考えてます。
なので結果的に量が少し多かったりしますが、恐ろしいことに3日で食べきりました(笑)
だって美味しかったんですもの。


スポンサーサイト

低糖質&低カロリーチョコクリームと今日のつぶやき

チョコクリーム、しつこいですか?
しつこいですよねw
でも書きます、自分の覚え書きのために。



20140108_3.jpg

カカオマスを使わずにスーパーで売ってる材料だけでチョコクリームができないかなーと試すこと3回。

できますできます。
低カロリーで糖質も市販のものに比べたらずっと少ないクリームです。



【材料とカロリーと糖質量】
牛乳150g(101-7.2)
カカオ効果82%1箱(393-14.3)68g
粉ゼラチン5g(18-0)
ラカントS (味見してお好きな量を)私は無しで作りました。
水15g
---------------------------
512kcal 糖質21.5g  出来上がり238g

一回分15gあたり 32kcal 糖質1.4g


【作り方】
1)粉ゼラチン5gに大さじ1の水を加えてふやかす
2)牛乳を鍋で温める 70度くらいまででOK
3)火を止めて、ふやかしたゼラチン・86%チョコ・ラカントSを入れる
4)温度が下がりすぎるようだったら時々少しだけ加熱する
5)ゼラチンやチョコが完全に溶けるまでゴムベラで丁寧に混ぜる



20140108_4.jpg



*最初は分離してるチョコもゴムベラで鍋底をすり混ぜるようにしてかき回しているときれいに混ざり合います。
ラカントを入れないと相当甘さ控えめ・・・ていうより苦さが勝ちますが、私はラカント無しでも美味しかったですが、息子に味見させたら甘さ控えめすぎた(ていうか苦すぎた)ようで「これはないわー」と言ってましたw
甘味料を入れたほうが万人受けすると思います。



冷えて固まったものをスプーンでよくかき混ぜてクリーム状にすると、昔懐かしいソントンの紙のカップに入ってるチョコクリームに似ています。かき混ぜないでスプーンですくって食べると(食べたんかいw)チョコレートプリンですね。



生クリーム&バターを使ったもの比べると1回分15gとして

生クリーム&バター&カカオマス版-----80kcal 糖質0.9g
牛乳&ゼラチン&チョコ版------------32kcal 糖質1.4g


お好きなほうで!



過去記事濃厚チョコクリーム←クリックすると別窓で開きます。


----------------------------------------------------


***今日のつぶやき***


【昼ごはん】
20140108_1.jpg
カリフラワーのカレーチャーハン、パクチー&目玉焼き添えと・・・



20140108_2.jpg
角煮だったんですけど、やっぱり私、バラ肉苦手です。
作るのは楽しいけど食べるのは脂身が無理でした。




今日はね、近所の友人と電話で1時間ほどしゃべってて、友人はとても料理が得意な人なのですが、
「作るの楽しいけど食べきれない。子供たちもいなくなったし」と言うので
「私も!作っても消費しきれないの」と言い合ってました。



友人が「京料理の講習会をやろうかなぁ。儲けはいらないからさ。でも自宅の台所を掃除するのが面倒」と。
私は「やってよやってよ、私、助手で準備と後片付けやるし!なんならうちの台所使ってよ」と大賛成しました。






いえ、うちの台所も美しいわけじゃないけど、フルタイムで週6日働いてる彼女の代わりに我が家の台所を掃除して提供するぐらい、いいかなーって。


でもね、「きれい」の合格点って、人によって違うもんね。
私、長男が幼稚園のころに、それなりに掃除してからママ友をお招きしたら、台所までついてきたその人が食器棚の上に(宅配便送るときに使うから)ととっておいたさまざまなサイズの空き箱たちを見上げて眉をひそめて
「これ、なんで捨てないの?」って言われたときに(片付いてるのレベルは人によって違うんだなー)って冷や汗かいたのが忘れられないんです。



京料理の得意な私の友人は意地悪なことは絶対に言わない人なんで、安心して我が家を見せられますけど、講習会に参加する人によっては私が気がつかないような場所に汚れを見つけて(うわ、汚い)とか思うかもっていう不安もあるけど、まあ、バイクもそうだけど不安を言い出したらきりがないけど、走り出してみれば楽しいことが山ほどあるしね。



そのうち家の中をもっと片付けてきれいに磨いて「いつでもどうぞ!」な家にしたいという夢もあるので、この機会にDIYも兼ねつつ家中のお掃除に取り掛かろうかな。老犬もあまりお外に出かけなくなっちゃったことだし。
家の中がきれいだと、自分の中の「掃除下手&インテリアセンス無し」的なコンプレックスが減るもんね!

連休とチョコクリーム

連休、みなさんはどんなふうにお過ごしになられましたか。
私はおおむねご機嫌に楽しく過ごせました。



散らかす子供がいない家は、埃こそ出ますが片付け作業は減りますね。
それを(寂しい)と思えば気持ちも暗くなりますが(生まれた時間で何をしよう)と思えばわくわくしてきます。



20131223_1.jpg

連休中の友人が一緒に遊んでくれたので、まずは愛犬も連れて成田のさくらの山公園へ。
満足するまで目の前で飛び立つ旅客機を眺めました。
轟音をあげて空に飛び立つ大きな飛行機をずーっと眺めてると、心が軽やかに解放されます。




そのあと映画を観ました。「武士の献立」
上戸彩さんが好きなので、最後まで楽しく見ていられました。
心温まる場面では、あちこちから胸打たれて思わずもらい泣きしてる気配が。
あ、それは私もね(笑)



それはそれは手の込んだ美味しそうなお料理が山ほど出てきます。
当時の食材と調理器具であんなに素晴らしい料理が作られたんだなあって感心しました。
料理は道具じゃないのねと、道具さえ揃えばうまくいくような幻想を持ってしまう私、かなり反省しました。
腕と気持ちよね、料理は。



帰宅して、少しだけ残った牛乳でチョコクリームが作れないか試してみました。
チョコクリームなしの人生なんて考えられないのです。
ノーチョコクリーム、ノーライフ。



20131224_1.jpg


バターも生クリームも使わずに、牛乳(150ccくらい)・水でふやかしたゼラチンリーフ1枚・95%のカカオ効果(1箱)・ラカント(大さじ1杯半くらい)でできました。
ゼラチンを使うことで水(牛乳)と油(チョコ)を分離させずに濃厚なチョコクリームができました。
全部適当に混ぜたので重さを量ってなかったのですが、ゼラチンさえ使えばテキトーでも作れるもんだなあって感心しました。



味はもちろん生クリームとバターを使ってる方が奥深くコクのある美味しさなんですけど、カロリーはもう圧倒的にこちらが低いです。
チョコフリークの人で「コクより量」「味よりカロリー」を選ぶ場合はぜひお試しくださいな。
生クリームやバターを少しだけ足すという手もありますね。




クリスマスって、浄土宗(夫の一家)とか浄土真宗(実家)の私でもわくわくするわーw
今夜は愛犬連れて温泉行ってくるのです。クリスマスとぜんぜん関係ないけどね。
ご馳走はこの1週間は控えるのです。毎年クリスマスからお正月にかけて胃腸の具合をこじらせるから、今年こそは!!!
忍耐です。

チョコトリュフと豆腐干糸カレー

20131207_1.jpg
この前、失敗したチョコクリーム。
分離した油脂をティッシュにどんどん吸わせて、残ったものを少し温め手で丸めてココアをまぶしたら、はんなり柔らかなチョコトリュフになりました。



いろいろレシピを探したけれど、分離しないでクリームになるよっていうレシピも多々ありますね。
いったい何がいけなかったのか。沸騰させてないし。



チョコの上に分離して浮き出た薄黄色の油脂に、ティッシュを乗せて指先で押して吸わせて10枚がぐっしょりなほどでした。
不思議とティッシュはチョコにくっつきませんでした。


たいそうな量の油脂を取り除けたのですよ。
トリュフ作るならそれはそれでカロリーが減っていいんじゃん?と楽観的に思ったり。
口溶けはあくまでも滑らかで味も美味しかったことですし。
ラム酒たっぷり入れて、美味しかったですよ。



また作りたいけどやめておきます。
今は減量中なんで。



20131207_2.jpg
今日のお昼は5センチくらいに切った豆腐干糸で自作の欧風カレーを食べました。
たぶん、糖質は全部で15gくらい。
カリフラワー米よりカレーとの相性がいいように思えました。




豆腐干糸はグツグツ煮ても崩れないものと10分煮ただけで煮崩れするものとありますね。
今回のは10分もとろ火で煮たら水切りするときにザルの目から落ちてくる有様でした。
今までは20分とろ火で煮ても平気な豆腐干糸ばかりだったので(以前、私の紹介した通りにやったらお豆腐みたいになってしまったっておっしゃってた方のお話はこれか!)と納得。



そもそも似てる商品で豆腐干糸干豆腐糸があって、後者は煮崩れしやすいのだそうで。
その違いだけではなくて同じメーカーの同じ商品でも豆腐干糸自体にもヤワなのとしっかりしてるのとあるみたいです。



日本国産ではないし、そのときそのときの製造時のロットによって製品にバラつきがあるみたい。のぶさんも「同じように戻してもビシャビシャになるのがある」って以前書いてらっしゃいましたっけ。



ときどきお箸でつまんで硬さを確かめながらニオイ抜き(ゆでこぼし)すると、豆腐干糸はニオイのしない美味しい麺ですが、火加減戻し加減は麺の様子を見ながらしたほうが失敗がないですね。



----------------------------------------


で、私は毎日の食事を3色ともアップしようとするとすっごいストレスになるってわかったので、それはやめることにしました。


もともとが融通の利かない性格で「決めた以上はきちんとやらなきゃ」って突っ走って疲れて嫌になるって展開が想像つくので、楽しく続けられるように書きたいときに書く、今までのやり方でいこうと思います。
毎日三食撮るって決めなければかえって気楽に三食撮れる気がしますし。



クリーム失敗!

チョコクリーム、配合を変えたら失敗しました。
「チョコレート効果86%」を使ったら、脂肪分が分離して見た目がいけてない。
チョコの部分だけを食べると生チョコを食べてる感じでクリームではなかったです。

20131205_1.jpg


前回、思いつきで適当に混ぜたら美味しいチョコクリームが出来たので
(なんだ、生クリームとチョコ関係は適当に混ぜても失敗しないのねー)と思ってたら失敗しました。


失敗した分量は
・42%生クリーム200ml
・カカオマス50g
・チョコレート効果86% 80g
・ラカントS 15g


油が分離して、ティッシュ8枚でぐっしょりと吸い取ったほど。
残ったチョコはクリームではなく生チョコ風。
これはこれで丸めてココアパウダーまぶせばOKみたいだけど。



でも、同じ失敗をさせてしまったら申し訳ないと思って大急ぎでご報告です。
もしすでに失敗した方がいらっしゃったら本当にごめんなさい。


*夜スリムトマ美ちゃんが問題になってますね。買わなくてよかった。ちょっと心惹かれてたんですw

**千客万来**

検索フォーム

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。