スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

楽しかったこと、怖かったこと

宇都宮でお世話になってる美容師さんが
「○○でやってる唐揚げ食べましたか?めちゃくちゃ美味しいですよ」と言ってたので、行ってみました。
歩いても行ける距離でした。



20150315_1.jpg
テイクアウトで頼んだら「10分ほど時間がかかります」というので「じゃあ、ビールを飲みながら待ちます」と。
「生?」と聞かれて、飲み屋慣れしてない私はそれ以外になにがあるのかわからず、コクリとうなづいてカウンター席に座りました。
量がギリギリ飲めないくらいの量でした。
大ジョッキとかじゃなくて良かったです。お通しはほうれん草のおひたしでした。




20150315_2.jpg
ビールで10分の時間ををつなげる自信がないので牛すじ煮込みを頼みました。
自家製らしく歯ごたえも残っていて甘さ控えめ、ゴボウも美味しく味が染みていました。




やがてアツアツの唐揚げが袋詰めされてお会計をして、少しフラつきながら歩いて帰宅しました。
夜に家を空けることがないので、黒いさんも白いさんも「なんだなんだ」「やっと帰ってきたぞ」的にフガフガニャゴニャゴいいながら迎えてくれました。





20150315_3.jpg
その有名なお店の唐揚げは、なんとひな鳥の半身揚げでした。
カリカリの薄い衣はほどよく塩味がきいていて、肉は柔らかくジューシーで、何よりも全然油っぽくない仕上がり。
(なんでー!どうやったらこんなに油っぽくない揚げ方できるのー!)と驚きながら1個を3人で(黒白私)でわけて食べました。


一口サイズにカットするよりも表面積が小さくなるから衣も少なくていいわ。これ。


酔っ払いの私から衣のついてない内部の肉をもらうや否や、その場で「ばくっ!」と音を立てて丸呑みする黒いさん。
肉をもらったら急いで離れて背を向け、「チャクチャクチャク」とよくカミカミして食べる白いさん。
白いさんがあまりに効率悪いもらい方してるから、追加で肉を渡そうとすると「ブウウウウウ!」と変な声を出して威嚇します。


「お前の食べかけなんて誰も取らんわ」って声に出したら、拾って溺愛してる愛猫にご馳走をおすそ分けした挙句に威嚇されてるこの状況が可笑しくて可笑しくて「お前はほんとに恩知らずだねえ」ってくすくす笑ってしまいました。
ええ、ただの酔っ払いですね。




ご主人が気さくで飲み屋さん独特の怖い感じがなかったので、宇都宮にいる間また行きたいです。
何よりも美味しかったし。





で、翌朝にあれこれ宇都宮のお土産を持って黒白乗せて定期的な仕事が待ってる千葉に向かったんですが、白いさんは毎度叫び続けるわけで。最近はさすがに3時間ずっとではなくて途中眠ったりもするようになったのですが、今回途中でぴたりと鳴かなくなったので振り向いたらこんな。







20150315_4.jpg
「うそ!うそ!うそ!なんで!!!」と驚いて3列目の座席にシートベルトで固定したキャリーバッグを見たら、チャックがほんの少し開けられて、無理くり這い出した形跡。首輪も取れてる。




国道294号線は流れが良くて路肩がなくて止まれないしスピード出てるしで、道の駅かコンビニが出てくるまでドキドキしながら運転してたら案の定車内を「にゃんにゃん」言いながら義経の八艘跳び状態。



運転しながら左手で捕まえて「いい子だからここにいてね」と抱っこするも「にゃああん」と鳴いて肩越しに後ろに飛び降りておとなしくしてる黒いさんにちょっかい出してるらしく「フガッ!」と嫌がられたり。
やっと道の駅に着いて捕獲するまえにスマホで撮影しましたよ。




キャリーバッグのファスナーはチャックの頭が2こついてるんだけど、あれを安全ピンかなにかで閉じてないとダメなんだね。根気良くガリガリされると開いちゃうんだって学びました。
怖かったです。
あと、万一の事態に備えてやっぱりマイクロチップ、必要かなって思いました。


スポンサーサイト

ストレス解消

昨日の昼に宇都宮に戻ってきました。
100kmの運転と2時間半も叫び続けてる白猫ちんの声で疲れ果てて早く寝たら深夜11時30分にスマホが鳴りました。画面に表示される名前を見て出たくなかったけど鳴り止まないので諦めて出たら、やはり面倒な用件でした。




「犬猫連れて神経使って100キロ下道を走ってきたから疲れてる」と告げてもお構いなし。
(もう、縁を切りたい)と思うけど身内なんで切りたくても切れぬ。
ひたすら寄りかかるだけの相手の愚痴を聞いたけど、相手の無茶な望みには応じなかったのでイヤミを言われつつ電話を切りました。






理不尽な展開への怒りで3時まで眠れず。血圧血糖値はきっと上がってただろうなー。
朝5時に黒犬さんに起こされて起きたら首肩が凝って頭痛と吐き気がしたので「ちっくしょーー!!」と小梅太夫ばりに声に出しながら散歩をし、24時間営業のスパへ。





小一時間温泉に漬かり、贅沢だからと普段は控えてるマッサージを受けてやっと吐き気がおさまって、ついでに人生初の一人焼肉をして帰ってきたところです。
おそろいの館内着を来た中高年の皆様があちこちで一人焼肉なさってました。
一人で食べても美味しいねぇ、焼肉。いいとこ見つけたな!







20141126_4.jpg
これはセブンイレブンの「オマールエビのビスク」224kcal 糖質16.6g
美味しいし、今朝のように不調で胃腸に固形物を入れたくないときに便利です。




----------------------------------------




20141126_1.jpg
子猫が寄り添っても珍しく黒犬さんが逃げませんでした。







20141126_2.jpg
なぜなら珍しく白いさんが黒いさんを噛まなかったから。






20141126_3.jpg
白いさんが「ゴルルルルルルル」と満足げに喉を鳴らしながら両手を交互にグーパーグーパーと開いたり閉じたり。
長いこと黒いさんの耳を揉んでいました。




--------------------------------------------





心がすさんでいるときにピグライフでコツコツとバーチャルな畑を耕したり料理を作ったり、よそのお庭に水やりしたりしてると、不思議と心が落ち着きます。案外ばかに出来ない効果なんです。
私のお庭(ピグID持ってないと表示されない模様)は変哲のない庭ですが、もし偶然に出会うことがあって互いに時間があるときだったら、どうぞおしゃべりしていってください。
日に2回ぐらいはログインしてます。ただ、ピグ経由のメッセージ等はチェックしてないので送っていただいても気がつかないかも。







シイタケフライ

【大好物のシイタケフライ】
20141102_1.jpg
券売機で400円の券を買って、調理場のおばちゃんに「シイタケフライ単品で」とお願いします。
カリカリサクサクの衣と歯ごたえのしっかりした肉厚のシイタケとソースとレモン。
湯上りの乾いた喉に冷たい緑茶を流し込みながら火傷しそうなアツアツのシイタケフライ。
最近はこれを食べるためにそこの温泉に通ってると言っても過言ではありません。




私ね、30年ぶりに一人暮らしを始めてから、心がけていることがあります。
幸せだなぁって思ったら小さく声に出して「あー・・・しあわせー・・・」って言うことにしてるんですよ。
お日様に干した布団に入ったとき、かけ流しの温泉に浸かったとき、シイタケフライを食べたとき、子猫が私の腕の中に飛び込んできて前足フミフミしながらグリグリとおデコを私の顎にこすりつけてくるとき、黒いさんが機嫌よくたくさん歩いたとき。
毎日幸せな時間って結構たくさんあるもんなんです。





--------------------------------




20141102_2.jpg
子猫の一番のお気に入りのおもちゃを黒いさんがいじりだしたら、大急ぎで駆けつけてきた子猫の白いさん




20141102_3.jpg
すぐにおもちゃを取ってしまう白いさん。「返してよ!」って怒る黒いさん。




20141102_4.jpg
白「ネコパンチ!ネコパンチ!ケリケリケリッ!!!」
黒「・・・・・・」




20141102_5.jpg
白「ネコキック!ネコキック!ネコキック!」
黒「・・・・・・」




20141102_6.jpg
黒「おもちゃ取られた・・・」
私「(苦笑)」
まるで人間の子供みたいに助けを求めて私のとこに来ましたよ。



黒いさんは今まで自分のおもちゃを取られるって経験がなかったんです。
なにせ14年半のあいだ一人っ子でお姫様扱いでしたから。




20141102_7.jpg
一方こちらはほどよく暴れて気持ちよく眠る白いさん。





このあとの続きがあるんだけど長くなるから今日はここまでで。





役に立たない日記

あちこち出かけ、ネットで見つけた物件を実際に見て回りました。
明日からもまた行くのです。
たった2週間のことなのに、出かける癖がついたみたいで、家に戻って掃除と洗濯、買いだしをしていても(また出かけたい)って思ったり。


そして出先でも帰宅してもお誘いが続いて外食を何度もしました。


20140722_1.jpg




糖質制限を始めた頃、(もう糖質ばっかりのカフェには縁がなくなったなぁ)って残念でしたが、カーボカウントに慣れてくるとそうでもないです。
お米やパンを避けても他の要素で楽しむことはできますもの。
ピザはそこそこ扱いやすいです。
生地を残す方向で食べるか半分だけ生地を食べるとか。



20140722_2.jpg



過去のSMBGの経験から、お米は諦めますけども。
満腹にはなれなくても友人とのおしゃべり、お店の雰囲気、サラダやおかず、コーヒーを楽しめば良し、ということで。


ハンバーガーならバンズは下だけ食べるとかっていう手も。
そういう食べ方を行儀が悪いとかみっともないとか言う批判もありますが、
「みんなが同じ食事をするべきー!」っていうのは昔の愛国婦人会みたいで。
ええ、非国民上等。



-----------------------------------------------------



引越し先を探していて「これだ!」と思う物件があったのですけど、そこ、冬は雪が50センチくらい積もるのです。
昨今の異常気象で1メートルとかの大雪になったら私、にっちもさっちも行かないなあと踏み切れませんでした。
あぁでも、引っ越さなかったら死ぬまで後悔しそう。
私の理想の家見つけちゃったんだけど、ああ、どうしよう。
生まれてこのかたバイクより高い買い物したことないから踏み切れないんです。



あちこち見た中では一番気に入ったのですが。



家の中も壁紙は張ってなくてきれいな木を使っていて囲炉裏もあって庭も広くて素敵なおうちなのに、(えええ?なにか特別な事情でもあるの?)っていうくらい安いんです。
友人に写真を送ったら
「そんな田舎の物件、やめなよ。この先年をとったら田舎はつらいよ、東京のマンションにしなよ」と言われましたが、東京の1LDKの独身者用かつ中古のマンションの3分の1くらいの値段だと言ったら「じゃ自分が買う」と言い出す始末。
なんじゃいな。




こんなふうに悩んでるうちに売れちゃったらどうしよう。
でも決められない。
いずれ今の家は売り払って引っ越したいのに。
どーしよーと昨日から悶々と悩み中。
老犬はどうかなぁ。あの土地、涼しそうで気に入りそうだけどなー。




とりあえず老犬は私と24時間一緒でドライブ三昧が楽しいらしく、私が何かの拍子に
「さて・・・」なんて言おうものなら眠っていても
「一緒に行きます!!!」って鼻息荒く飛び上がるようにして立ちます。
まあ、老犬は私と一緒ならどこでもいいのでしょうけどねー。





美味しいものを食べられる幸せ

【朝ごはん】
20140601_1.jpg
なんて言う料理かわからないけど、ニラとツナのお好み焼きみたいなもの。
ほとんどがニラです。
長芋と卵でつないで焼き、ごま油を使うのでチヂミ風です。




【昼ごはん】
20140601_2.jpg
近所の奥様たちとランチ。
同年代の友人とだと暗黙の了解で『ランチは2000円以下』なんですが、もう子育ても学費の心配もローンの心配もない年代の方々と一緒だと「いつ死ぬかわかんないんだから食べられるときに美味しく食べたい」ということで少しだけお値段が張ります。それでもこれだけ手間のかかった品が並んで3000円以下でした。

これはほんとに美味しかったです。
このお店は味醂砂糖を多用してないので、さいごの炊き込みご飯と一口サイズのデザートを控えればそれほど心配なかったです。穴子の天ぷらの衣は半分だけ食べました。




【夜ごはん】
20140601_3.jpg
ローストした手羽の身がほろっと崩れる寸前まで煮込んでから野菜をいれたスープ、大好きすぎてどんぶりどころか鍋ごと食べつくしたいほど好きです。その他には鯖缶豆苗卯の花と自作のヨーグルトとイチゴ。


--------------------------------------------



昨日は暑い中、東京まで人を乗せて車で往復4時間。
現地で1時間。
都内って車間距離が短くて、一車線塞いで路駐してるし、すぐにクラクション鳴らすし、苦手です。
帰宅してお友達にメールしながらスマホ握りしめたまま眠ってしまうほどダメージくらいました(笑)



最近の私のお楽しみは友人とのメールのやり取りや電話でのおしゃべり、美味しいものを食べながらのおしゃべりです。
でね、ランチを食べてたらお一人が突然ホロリと涙をこぼしたから「え?え?なに?」と皆が驚いてたら

「私の姉が脳梗塞おこして半身麻痺で、もう何年も施設で暮らしているのだけど、こんな美味しいもの食べられるわけじゃないから、美味しいなあ幸せだなあと思えば思うほど姉が気の毒で涙が出る」って。


美味しいものを食べられる状況にあるっていう幸せ、今まであまり考えたことなかったけど、そうですよね、幸せなことですよね。つられて泣きそうになりました私。


**千客万来**

検索フォーム

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。