スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

セブンイレブンのまろやか坦々スープ

セブンイレブンの「こんにゃく麺のまろやか坦々スープ」
20150304_1.jpg
運転席で撮影したのでめっちゃ写りは悪いけど、お味がよくて二日続けて買って食べました。
麺がこんにゃく臭のないこんにゃくで、スープがゴマ坦々味。
糖質はたしか炭水化物表記で12.3gかな。290円くらい。毎日でも食べたくなる私好みの味でした。





20150304_2.jpg
宇都宮に引っ越してから、一階の10畳半の部屋に一人と二匹でくっついて暮らしていたせいか、黒いさんはますます甘えん坊の寂しがりやになって私と離れるのを嫌がるようになったので、入りたいお店は山ほどあったけど、ほんっとうに外食をしなかったです。
せいぜいが温泉の食堂で昼ごはんを食べるくらい。





外食は出来なかったけど、ほんとに宇都宮一人暮らし、楽しかったなぁ。
歩いていける範囲にすべて揃ってる便利暮らしで。お隣さんと仲良くなって嬉しかったし。



4月末でここを解約するけれど、冷蔵庫、テレビ、洗濯機以外は全部車で運べそう。
入るときはヤマトのヤマト便でダンボール13箱をたった2380円で引越し完了して、出るときは家財宅急便で19450円。安上がり。






黒いさんを連れて温泉に行き、3時間後に帰ってきたら白いさんが自らカリカリを手に入れて満腹して横になってました。






20150304_3.jpg
白いさん働き者(苦笑)







今日、母に「宇都宮の借家は解約することにした」と知らせました。
ここに遊びに来て一緒に外食するのを母がとても楽しみにしていたので。
がっかりするかと思いきや「それを聞いてほっとしたわ。お前が一人ぼっちで知り合いもいない宇都宮で暮らしてるかと思うと可哀想で一睡も眠れなくなったわよ。それにチビ(次男)が可哀想だから早く帰ってやりなさい。あちらの親戚になにか言われても我慢しなさい。女は我慢よ。死ぬまで我慢!」と。





あ、「一睡も出来なかった」というフレーズは母が何かを強調したいときによく使うツールで実際はよく寝ていますから大丈夫。




20150304_4.jpg

一人暮らしをしたことのない母は、女が一人で暮らしてることが惨めくさいと思うようです。
30年前、私の一人暮らしのアパートの鉄の階段をカンカンカンと二人で上がっていたときに「おおいやだ。こんなところによく住めるわね。お母さんはこんな暮らし、絶対出来ないわ」と眉をひそめて繰り返し言って、楽しい独身暮らしをしていた私が最後に腹を立てて
「どうしてそう自分の価値観をすぐ口にだすかなあ。一回心に置いてみて(これを言ったら相手がどう思うかな)って配慮したらどうなの?いい年して言葉に配慮がなさすぎるわ」と当時47歳だった母に容赦なく注意し、大喧嘩したっけ。




本当のことを言われるのが人間は一番こたえるのだから、もう少し思いやりのある言い方をするべきだったと、このことを思い出すたびに幼稚だった25歳の私のことを申し訳なく思います。
さすがに今は「ご近所さんとも仲良くなったし楽しく暮らしてるから心配ご無用よ。」と穏やかに会話できますが、



が・・・・・




「ごめん、この先も息子や夫の兄弟から離れて一人暮らししようと思って田舎に平屋を買ってしまったよ」って言い出せなかったなー。夫の側の親戚には表向き「母が私にこの先の面倒を見てもらうためにお金を出して買ってくれた」っていう体にしておこうと思ってるのに。








あとね。
私、我慢して生きる理由がもうないので我慢はしないです。
我慢しながら耐えて生きる理由がない。仕事もあるし。
旦那看取って子育て終わった女には怖いものはもうなにも無いって、その立場に立って初めて気がついたけど、それも言いませんでした。
それは私の生き方であって、母の生き方ではないですから価値観の押し付けはよくないもんね、誰に対してもどんなことでも。



スポンサーサイト

パンを買う

先日、ウォーキングを兼ねて片道早足で20分のとあるお店に行き、低糖質パンを買おうとしたら、ショーケースに
「こちらの商品をご希望のお客様は店員にお声をかけてください」とあったのでカウンターで声をかけました。



「すみません、あのパンを買いたいのですが在庫はありますか?」
「ございます。おいくつご希望でしょうか」



聞かれたときに私の後ろにお会計を待つお客さんが3人もいらっしゃったので少し慌てて
「プレーンを3個とベーコン味を3個とカシスムースのケーキを3個で!」と勢い良く答えました。



あまり売れてない商品だったのか、奥の冷凍庫から結構手間取って出してきてくれました。
混雑してるときに申し訳ないと思いながら待っていたら店員さんが6個入りの袋をそれぞれ3袋ずつ合計6袋(パンの数は36個)持って出てらっしゃったので(しまったあぁぁ!そうだったよー!これ6個入りだったよー!)と気がついたけど今更店員さんにも後ろに並んで待ってらっしゃる方々にも申し訳なくてまた冷凍庫に戻させることは言い出せず。
36個入った大袋をぶら下げてまた20分かけて家に帰りました。




今、冷蔵庫の中は前に買った生クリームを挟んだ丸ぱんと今回買ったテーブルパンで立錐の余地もありませぬよ。自分の記憶力の悪さに苦笑中。
ま、いいけど。食べるけど。




20141221_1.jpg
coopのお店で買ったロールキャベツ。具の肉が臭みがなくて美味しかったのでこれを買うためだけに生協のお店に通ってしまいそう。
ロールキャベツ、自分一人のためには作る気になれないから。
キャベツも豚肉も国産(たしか群馬県産)をうたってたんだけど、袋をうっかり捨てちゃったな。





-------------------------------------------






買い物してすぐに袋をしまわないと、白いさんが入り込みます
20141221_2.jpg




入り込んでじーっと獲物が通りかかるのを待っています。





20141221_3.jpg
まんまと覗き込みに行く黒いさん






20141221_4.jpg
小さい白い手が超高速でパパパパパンッ!と黒いさんに猫パンチ
黒いさん「はうっ!」





20141221_5.jpg
獲物を引き続き待ち受ける白いさん。
ずーっと待ち伏せしてた。寒いとこで。
私も通りかかるたびに足首に噛みつかれました(^^;)






20141221_6.jpg
獲物がずーっと通らないので出てきた白いさん。
キーボードにのっかるのはなぜ。
しかもめっさ悪い顔して。




オリーブオイルをかけるお豆腐

大好きな番組「男子ごはん」(テレビ東京)で栗原心平さんと国分太一さんが「うんめぇ!」と絶賛してた「マスカルポーネのようなナチュラルとうふ」を通販で買って食べました。今なら送料無料だったのですよ。


20141209_1.jpg





20141209_2.jpg
私のごはん日記で出番の少ないお豆腐。
正直言うと若干苦手なお豆腐。
おすすめの食べ方通りにオリーブオイルと粗塩をかけて食べてみました。
ほんとうにマスカルポーネみたいにねっとりクリーミー。なにこれーって思う食感です。



おしょうゆかけて食べるよりもオリーブオイルのほうが美味しいってのが不思議。
ねっとりの理由は「豆乳クリーム」だけでした。
いろんな添加物が入ってたらいやだなーと思ってたけど、原材料の欄はいたってシンプルでした。


いつもお世話になってるお友達に2個ずつ配りました。「旦那さんと一個ずつどうぞ」って。
でもみんな「これ、美味しい!悪いけど私が一人で食べるわ」って。
このお豆腐をすり潰してホワイトソースにしたらめっちゃ美味しいのではなかろうかと思う。


料理教室の友人は「蜂蜜かけて食べたらまるっきり濃厚なブラマンジェみたいよ」と言ってました。
ぬー。
なので私はラカントSをかけて食べました。
ラカントSだけだと「まあまあ美味しい」んだけど、オリーブオイルとラカントSの両方をかけると「デザート的に美味しい」でした。コクが美味しいと感じさせるのかな?




--------------------------------------------





黒いさんがゆったり移動していると、テンションの高いときの白いさんが滑り込むようにして黒いさんの足元に仰向けになり、脚を抱えて噛もうとするのです。
もう散々やられて学んでる黒いさんは上手にスッと脚を抜くのですが、すばやくまた抱きついて噛もうとする白いさん。見つけ次第「こらぁ!」と怖い顔をして追いかける私。




慌てて逃げる白いさん。
最近では噛もうとしてるときにわたしが「こら!」と言うだけで固まるようになりました。
「黒いさんの脚を噛むと叱られる」という刷り込みは成功するのだろうか・・・。
病院のじいちゃん先生には
「猫は『群れのリーダーの言うことを聞く』という動物じゃないから、言うことは聞かないと思ったほうがいいよ」と言われてるんだけど。



猫ってあんまり学習しないなぁと思ってたけど、「いいもんよー!」(美味しいものだよー!)と言うと黒いさんがワフワフ喜んで小走りに寄ってくるのですが、ここひと月ほどは黒いさんの後ろから必ず白いさんも駆け寄るようになりました。
食べ物に惹かれてというより黒いさんの真似のような気もしますが。





20141211_1.jpg
お隣さんが捨てるという小型の自転車を200円で譲り受けました。
サビサビの部分に紙やすりをあててピカピカにしてからバイク用ワックスをすりこみました。
ムシチューブが切れてたのでホームセンターで交換してもらい、ランプの接続が切れてるのも直してもらいました。なんと432円でした。合計632円の自転車です。





20141211_2.jpg
右上に写っている黒いさんは食べ物が絡まないと知ると離れていくのですが、寒い台所で上から降ってくる錆の粉をかぶりながら、白いさんはずっと私の足元に丸くなって座っていました。
私に寄り添ってくれるその姿がかわいいです・・・。


私のことはなんだと思ってるのかなあ。
群れのリーダーという認識のない生き物なのだったら、お母さんだと思ってるのかなぁ。







再び買った菊芋ふすまパン

20141113_1.jpg
中3週間でまたみどり工房のパンを買ってしまいました。
しかも今回は豆乳クッキー、おからクッキー、あんぱん、クリームを挟んでるパン、明太マヨパンまで。
アンパンは驚くほど具が少ないけど、まあ、血糖値を上げないように気をつけたらこんなもんかなと納得。
たまにネットであんこギッシリの低糖質パンを売ってるけど、あれは本当に血糖値を上げないのだろうか。砂糖を使わなくても小豆自体に糖質がそこそこあるのだけど。




ここでこれを食べて食後血糖値を計れば親切なブログなんだけど、今日はパート先でマカロンをいただいてポケットにしまうこともできずそのまま3個食べちゃったので(ついでだ!)とばかりに帰りに7.3kmも歩いたからいまさら血糖値が高くても運動できない。
だから計りませぬよ。堪忍よ。




生クリームのパンは毎度変わらずにおいしいけど、アンパンのほうは上半分をパン切り取って食べてちょうど中身と皮のバランスが取れる感じ。でも他のお店(どこだったか忘れたけど)の低糖質あんこみたいに苦くなかったです。使ってる甘味料の問題だろうと思います。
おからクッキーはやっぱり美味しい。
繊維がたっぷりだから何時間か経つと俄然おなかが張るけどw





-----------------------------------------------




私は片付けが好きです。
昔は嫌いでしたが、店じまいをして専業主婦になったあたりから好きになりました。
今日も道具箱や押入れを総入れ替えして使いやすい位置に入れなおしました。





20141113_2.jpg
私が忙しく動き出すと、どこかに出かけられちゃうんじゃないかと不安になってピッタリマークする黒いさん。





20141113_3.jpg
箱と見ると一瞬の隙を突いて入り込む白いさん。
私が気をつけないと危ないの。うっかりしてると存在に気がつかず怪我をさせてしまうよ。





20141113_4.jpg
行く先々にノタノタとくっついてきて面倒な黒いさん。
行く先々で箱に入り込んで出そうとするとその手に噛み付く白いさん。





20141113_5.jpg
たたんで仕分けした服を蹴散らして追いかけっこして真ん中で休憩してたよ。おいおい。






20141113_7.jpg
黒いさんが疲れてハウスに入って眠っても、白いさんは活躍してました。
細かい道具を小袋に入れて仕分けしたいのに、どかそうとする手をガブガブ噛んでどかなかったりw





2匹のおかげで全体的に手間は3倍強。






20141113_9.jpg
片付け終わって台所でコーヒー飲みながら買ったパンを食べてたら熱い視線の出待ちガールズ。




子育てほぼ終わって大好きだった本来の仕事も精神的体力的にフルでは復活する気になれず、この先に楽しいことがあるのかなぁって思わないでもなかったけど、有るね。
楽しいことって、結構有るよ。




買うか買わないか

【ご連絡】
しつこいブランド品セールスの書き込みをコメント拒否に設定したら、関係ない人まで拒否してたことにさきほど気がつきました。書き込もうとして書けなかった方、ほんとうに申し訳ありません。
今間違えた設定に含まれてたとわかってるのは3名だけですが他にもいらっしゃったらごめんなさい。先ほど間違えた設定をやりなおしました。





---------------------------------------




たぶんもうあちこちで話題になってるんだと思うんですが、フィリップスのヌードルメーカー、今はだいぶ価格が下がって価格コムで見ると最安値が23500円(2014年11月9日現在)。


(これがあれば低糖質な麺作りが簡単になるなぁ)って思っていたら、鳥越製粉がこの機械専用の低糖質なうどん・パスタ・ラーメン用のミックス粉を販売してるんですね。
出来上がりの麺一食分の糖質が書いてないけど小麦麺に比べたら相当糖質は低いはず。




私が麺食い人か、糖質制限を始めてまだ日が浅いのだったら買うんだけど。
もう麺がない生活に慣れちゃったからなぁ。
コシはないけど0g麺もあるからなぁ。




しばらく悩んでみます。




一番のネックは私はへそ曲がりなのでミックス粉を使うのがどうも気が進まないこと。
なんでミックス粉を使いたくないかは話が長くなるので詳細は書きませんが、自分で出所のわかっている材料を選んで使いたいんです。





頻繁に作って食べるのであれば自分で国産品の材料を選びたい。
頻繁に食べないのなら「たまにだから」と原材料に妥協して通販で麺やパンを買えばいい。
今はそういう気持ちなんです。





もっとヌードルメーカーが安くなって、ミックス粉は割高でも国産材料の商品とお得な外国産の商品というように選択肢ができたら買うかも。




----------------------------------------




【前回の続き】
20141109_1.jpg
私「じゃあ、こっちのおもちゃで遊ぼうね。赤いお魚で持って来いやろうね」
黒「わーい」
白「なんだなんだ、それはなんだ」




20141109_3.jpg
なにしろ子供なので見るもの全部欲しい白いさん。
助けを求める黒いさん。
一緒に遊べばいいんだけど、なかなかそこまで大人になれない一人っ子育ちの黒いさん。





20141109_4.jpg
取り合いをして遊びたい白いさん。
じゃれつかれることが苦手な黒いさん。





20141109_6.jpg
逃げ出す黒いさん。
がっかりな白いさん。片思い。





帰宅したときにご近所の77歳の奥様とお茶したんですが、黒いさんと白いさんのやりとりを話して「老いて脚も目も衰えた黒いさんが血気盛んな子猫に突撃されてるのがちょっと可哀想」って言ったら、奥様が
「静かな環境でだいじにされて好きなだけ眠っているより、私が黒いさんだったら、甘えられて飛びつかれて噛み付かれても元気な子供が近くにいてくれるほうが心の張り合いがあるわよ」って。



(黒いさんには子犬を産ませなかったし、そんなふうに祖母の気持ちで思うかなあ)ってそのときは思いました。
そもそも白いさんは黒いさんの孫でも子でもないし。



でもね。



縁があって私のもとに来てくれた子猫だから、同じように縁あって私の子供として生きてきた黒いさんにも縁がつながっているはず。
慌てず急がず一人と二匹で一緒に「楽しいねぇ!」を集めながら暮らしていくのです。









**千客万来**

検索フォーム

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。